いい言葉

熱意は人格の原動力(デール・カーネギー)

熱意はあなたの人格の原動力だ。
それがなかったら、
どんなにすぐれた能力をもっていたとしても、
その能力は眠ったままで役に立たない。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

デール・カーネギー
(1888~1955)
アメリカの社会教育家

これは、『道は開ける』『人を動かす』などの名著の著者デール・カーネギーの言葉です。(『自己を伸ばす』P.80)

彼は、哲学者でも、宗教家でも、大学教授でもありません。
どこにでもいるようなサラリーマンでありながら、独立独歩の道を歩んで成功した社会教育家でした。

そして、彼の本は世界中でロングセラーを続け、今も多くの人に影響を与えています。

もともとカーネギーは、ニュ―ヨークで最も不幸な青年の一人でした。

トラックのセールスがうまくいかず、毎晩、頭痛(失望、悩み、苦痛、反抗心に起因する頭痛)を抱えて、孤独な部屋に戻っていきました。

「これが人生だったのか?あれほど熱心に憧れていた活気あふれる人生とはこれだったのか?自分でさえも軽蔑している仕事に身をやつし、ゴキブリと同居し、ひどいものを食べ、未来に何の希望もない、これが私の人生のすべてなのだろうか?私の切なる願いは、読書のための余暇であり、遠い学生時代に夢を見ていた本を書く時間であった」
(デール・カーネギー『道は開ける』)

この悲惨な状況から抜け出すために、彼は思い切った決断をし、実行します。
その結果、カーネギーは次第に成功を勝ち得ていくのです。