いい言葉

星とたんぽぽ(金子みすず)

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

金子みすず
(1903~30)
童謡詩人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   星とたんぽぽ

青いお空の底ふかく、

海の小石のそのように、

夜がくるまで沈んでる、

昼のお星は眼にみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、

見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、

瓦のすきに、だアまって、

春のくるまでかくれてる、

つよいその根は眼にみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、

見えぬものでもあるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

童謡詩人、金子みすずは、人が見えないものを感じ取る感性にすぐれていたようです。

夜を待つ星のきらめき・・・。

春を待つたんぽぽの根・・・。

「見えぬけれどもあるんだよ、

見えぬものでもあるんだよ。」

と、彼女は歌います。

そして、彼女は見えないものを思いつづけることによって、見えないものを大切にしていたようにも思います。

あなたが感じる「見えないもの」って、何ですか。

感じ取ってみてください。

ある人にとって、それは「愛」かもしれません。

ある人にとって、それは「神」かもしれません。

そしてそれは、
その人にとって、大切なものに違いありません。

「見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。」