いい習慣

1日1分間でも「瞑想」「黙想」にはスゴイ効果がある

 近年、「瞑想(マインドフルネス)」の良さがさかんに喧伝されていますね。

欧米のビジネス界の超一流の人物達やエリートたちが(日本人も)生活習慣として取り入れていることがわかってきたからです。

では、どのような効果があって、初心者にはどのようなやり方があるのでしょうか。ご紹介します。

「瞑想」を習慣としていた人物

誰もが知っている著名人の中にも、「瞑想」を習慣にしていた人がいます。(いました)

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ

マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ

京セラ・KDDIの創業者である稲盛和夫氏

パナソニックの創業者である松下幸之助氏

スポーツ界では、イチロー選手

元サッカー日本代表の長谷部誠選手など、が、知られています。

ご参考までに

最高の力を引き出す1日5分の「心を整える時間」の作り方どのような場でも局面でも自分の心を整え、自分の最高の力を発揮するにはどうしたらよいのでしょうか? 以前メルマガ「心の糧」に、「心を...

「瞑想」の素晴らしい効果

「瞑想」をすると、どんな良いことがあるのでしょうか。

やり方や時間によると思いますが、一般に次のような良い効果があります。

 「脳が休息する」

 「心身がリラックスできる」

 「ストレスが軽減する」

 「仕事の集中力がアップする」

 「視野が広がる」

 「決断力が増す」

 などの様々な効果があります。

 そのため、仕事に戻った時に、自分の最大の力を発揮しやすいのです。

カンタンな瞑想(1分間瞑想)のやり方

やり方はいろいろありますが、カンタンな方法をご紹介します。

基本的には、誰にも邪魔されない、静かで落ち着ける場所で行います。

瞑想というと、「時間を十分に取ってゆっくりと行う」というイメージがあるかと思います。

実は、たった1分間でできる瞑想もあります。

1分でいいなら、朝起きた後、お昼休みなど、いつでもできますね。

この1分間瞑想では、丁寧な呼吸を心掛けます。

1分間をたっぷり使うことを意識しましょう。

まずは、息を4秒間でゆっくりと吸いこみます。4秒で吸ったあと、8〜16秒間かけてゆっくりと息を吐きます。

1分間だと、3〜5回繰り返すことができます。

では、試しに1分間でやってみましょう!

吸った息を、少しずつ少しずつ外に逃すイメージで、長く吐くことを意識してみてください。

どうでしたか?

やってみるとカンタンでしょう。

これだけでも、脳が休み、身心がリラックスしてきます。

慣れてきたら、時間を2分、3分・・・と増やしていけばいかがでしょうか。

私が習慣にしている「黙想」

ところで私がよくするのは、「瞑想」というより、「黙想」です。

時間を決めて、毎日30分は必ずやっています。

「瞑想」と「黙想」は、似ていますが、違います。

「瞑想」に神への意識は不要ですが、「黙想」では神の存在を意識します。

そして、神に話しかけ、神の声に心の耳を傾けるのです。

そのため、心の喜びや素晴らしい生き方のヒントなど、「瞑想」以上の効果をいただけることがあります。

もっと知りたい方はこちらをどうぞ

https://happy.t-nakai.work/category/way-prayer/

拙著『祈りの小路』を週に1度アップしています。

一日に何度かは、心を静める時間をもつ

ともあれ、私たちには、「瞑想」であれ「黙想」であれ、忙しい日常から精神的に離れて、ゆっくりとリラックスする時間が必要ではないかと思います。

一日に5分間か10分間でも一人で静かに、リラックスする時間を作り出すことができないでしょうか。

心や頭が休まり、活き活きとしたエネルギーが湧いてきます。

参考までに

マザー・テレサが名刺に書いていたことばです。

沈黙の実りは祈り、

祈りの実りは信仰、

信仰の実りは愛、

愛の実りは奉仕、

奉仕の実りは平和

まずは、沈黙。そこから、多くの実りが生まれます。

ご参考までに

祈りの効果をデール・カーネギー著『道は開ける』から考える世界の成功者には、祈りや瞑想をしている人が多くいます。 どれだけ仕事で忙しい人も、1日のスケジュールに祈りや瞑想の時間を設けていま...