いい習慣

祈りの効果をデール・カーネギー著『道は開ける』から考える

世界の成功者には、祈りや瞑想をしている人が多くいます。

どれだけ仕事で忙しい人も、1日のスケジュールに祈りや瞑想の時間を設けています。

その理由となることをデール・カーネギー『道は開ける』から考えてみましょう。

デール・カーネギーの母親~祈りの力

いつの時代も、母親は偉大なものです。

母親なくしては、どんな偉大な人物も生まれず育ちません。

たとえ、世に名前がでることはなくても、苦難のなかで夫を助け、立派に子どもを守り育てていく母親は、それだけで賢母だと言えるでしょう。

世界的なベストセラー『道は開ける』や『人を動かす』の著者、デール・カーネギーの母親もそんな人でした。

カーネギー一家は、アメリカ合衆国のミズリー州の貧しい農家でした。

その地では、大洪水によってトウモロコシ畑や牧草地が数年は害をうけることもありました。

毎年のように豚がコレラで死に、死骸を焼かねばならないこともありました。

そのような土地柄で、デール・カーネギーの両親は、一日に十六時間も精一杯働きましたが、借金に追われどおしでした。

畑は抵当にとられ、いくら働いても利子の支払いさえもとどこおりがちでした。
銀行は、父親を悪しざまに罵り、畑を取り上げると脅しました。

そのとき父親は四十七歳でしたが、三十年間も働きつづけた結果が、借金と屈辱の日々だったのです。

父親は、悩み、身体をこわしました。

医者は、カーネギーの母にこの分だとあと半年はもたないと告げました。

父親は川に身を投げて自ら死ぬことを考えました。

しかし、彼が思いとどまったのは、彼の妻、カーネギーの母親のおかげだったと、後に語っています。

母親は、神様を愛して、その掟を守っていれば何もかもよくなると信じ、
毎日祈りをささげていたのです。

母親は、毎晩寝る前に、聖書の一章を朗読する習慣をもっていました。
そして、働きながら賛美歌を歌う人でもありました。

平和、平和、くすしき平和よ

神よりたまえるくすしき平和よ

わが魂をとわにおおい給え

つきせぬ愛の大海の中

「苦闘に心痛に満ちた歳月のあいだ、母は決して悩まなかった。母は心の悩みをすべて神に訴えていた」(『道は開ける』)

「母は正しかった。最後には、何もかもうまくいった。父はその後四十二年間幸福に暮らして、八十九歳で亡くなった」(前掲書)

洪水、疫病、借金も、彼女の勇ましい魂を屈服させることはありませんでした。

彼女は祈ることによって、自らを救い、夫、そして家族の窮地を救ったのです。

母親が子どもに与える影響は大きいものです。

カーネギーが後に、自らの苦難にも耐え、人々の悩みを克服するような名著を書くことができたのは、この母親のおかげでもあるでしょう。

偉人や成功者の祈りについての言葉

世界の偉人や成功者の中には、祈りの効果を知り、実践していた人が少なくありません。

『道は開ける』に出てくる祈りについての名言です。

神が見ていてくださるのだから、最後にはきっとうまくいくのだと信じていました。不安になる理由など、なにもありません。

ヘンリー・フォード(フォード・モーター創業者)

 

祈りがなけば、私はとっくの昔に正気を失っていた。

マハトマ・ガンジー(インド独立の父)

 

深い信仰心や祈りには、不安や悩み、恐怖を打つ消す力がある。

デール・カーネギー(作家・社会教育家)

人間には、誰でも弱さ、欠点、失敗があります。

しかし、赤ちゃんが親から愛されるように、私たちも神にこそ愛されているのです。

神を信頼するなら、私たちは決して見捨られません。

神が共にいる限り、恐れも不安も消えていきます。

自分の道を勇気をもって前に進むことができます。

困難があっても、必ずや目的地に着けます。

祈るとは、神に自分をゆだね、神と対話しながら、神と共に人生を歩むということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

【出典】デール・カーネギー著『道は開ける』