いい言葉

夢七訓(渋沢栄一)「幸福を求める者は夢なかるべからず」

 

●夢七訓

夢なき者は理想なし

理想なき者は信念なし

信念なき者は計画なし

計画なき者は実行なし

実行なき者は成果なし

成果なき者は幸福なし

故に幸福を求める者は夢なかるべからず

(実業家 渋沢栄一)

渋沢栄一氏は、2024年より新紙幣一万円札の顔となる人です。

江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治政府では大蔵少輔事務取扱となり、大蔵大輔・井上馨の下で財政政策を行いました。

退官後は実業家に転じ、第一国立銀行や理化学研究所、東京証券取引所といった多種多様な企業の設立・経営に関わり、二松學舍第3代舎長(現在の二松学舎大学)を務めた他、商法講習所(現在の一橋大学)、大倉商業学校(現在の東京経済大学)の設立にも尽力しました。

それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称されています。

▼さて、夢を叶えるには、まず夢をもたなくてはなりませんね。

夢はお金がなくても、時間がなくても、もてます。

でも、叶えるのはカンタンではありませんね。

大きな夢であれば、すぐには叶いません。

では、どうすればいいか。

夢を叶えた多くの人は、その夢を分割して、いくつかの小さな目標にします。

そして、階段を上るように、その小さな目標をクリアーしていきます。

▼私が本を書くときもそうです。

こんな本を書きたいという夢があります。

まず原稿を何月何日までに書くという目標を設定します。

すると、逆算して、一日に何枚書けばいいかという小さな目標が決まります。

そんな計画ができれば、あとは実行するだけ。

1枚1枚、書いていきます。

そうして、毎日、小さな目標をクリアーして大きな目標に近づいていきます。

できた原稿が本になるかは、わかりませんが、夢がなければ、私は1枚の原稿も書かないでしょう。

1枚の原稿も書かなければ、私の夢は絶対に実現しません。

▼あなたが自分の夢を叶えるときも同じでしょう。

その夢自体が原動力になります。

ワクワクするような夢をもてれば、強い力になります。

言葉や絵にも表せる鮮明な夢をもてれば、しっかりした力になります。

倒れても、また立ち上がれます。

失敗するごとに失敗から学んでパワーアップできます。

そして前に進めます。

キラキラした瞳で、心を燃やしながら・・・

あるいは、にこにこしながら、楽しみながら・・・

そうやって、いつの間にか、自分を夢を成し遂げられます。

 

夢に向かって進もう。   (^.^)

・・・・・・・・・・・・・・

【出典】『人生の指針が見つかる「座右の銘」1300』