いい言葉

人にやさしくなれる言葉(マザー・テレサ、詩「一つの言葉で」・格言)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは自分の心に優しい気持ちを見出すことでしょう。

マザー・テレサの言葉

やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、

ずっとずっと心にこだまする。

マザー・テレサ  1910~1997

カトリック修道女

言葉は、人への贈り物になります。

言葉は、人の心に安らぎや励ましを与えます。

あなた自身の中から出てくる、やさしい言葉を贈りましょう。

朝、元気を出して、「おはよう」ってあいさつをする。

してもらったことに気づいて「ありがとう」と感謝する。

ただ、それだけが誰かの心に響くことがあります。

ご老人に電車の席を「よかったらどうぞ」とゆずる。

困っている人に「よかったら手伝いましょうか」と声をかける。

ただ、それだけが誰かの心を温かくすることがあります。

 

詩「一つの言葉で」

一つの言葉でけんかして、

一つの言葉で仲直り。 

一つの言葉で頭が下がり、

一つの言葉で笑い合い、

一つの言葉で泣かされる。

一つの言葉はそれぞれに、

一つの心をもっている。

きれいな言葉はきれいな心、

優しい言葉は優しい心。

一つの言葉を大切に、

一つの言葉を美しく。

(作者不詳)

私たちはまわりの人と言葉でコミュニケーションをとっています。

相手を怒らせる言葉もありますし、相手が笑いたくなる言葉もあります。

さて、人の心をやさしくする言葉にはどんなものがあるでしょうか。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「おはよう」

そんな平凡な言葉かもしれません。

「そうだね。あなたの言うとおりだね」

「あなたといっしょでよかった」

「あなたと会えてうれしかった」

人を認め受け入れる言葉かもしれません。

どんな言葉が人の心にやさしく響くのだろうか、

そう考えながら言葉を使ってみませんか。

それは、まわりの人を大切にするということでもあります。

 

韓国の格言

行く言葉が美しければ、

来る言葉も美しい

(

(韓国の格言)

美しい言葉は美しい心から生まれます。

美しい言葉が美しい心を育てていきます。

あいさつも返事も相手を敬う気持ちから生まれます。

「おはようございます」というあいさつの言葉、「はい」という返事の言葉も、私たちの人間関係を良くしていきます。

日本で一番美しい言葉は、「ありがとう」だと私は思います。

感謝を表す言葉は、相手にも自分にも快く響くものです。

やさしい言葉、思いやりのある言葉、相手の幸せを願う言葉などに、私は美しさを感じます。

自分から行く言葉が美しいと、その美しい言葉は自分に戻ってきます。

そして、この世界に美しさを広げていく力になります。