いい言葉

人にやさしくなれる言葉(三浦綾子、ウィルヘルム、聖徳太子)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは自分の心に優しい気持ちを見出すことでしょう。

三浦綾子の言葉

ほんとうに自分の行為に責任をもつことができる人だけが、心から「ごめんなさい」と言えるのではないだろうか。

「ごめんなさいね」

なんと美しく、謙虚で、すなおなことばだろう。               

三浦綾子 1922年~1999 

作家  代表作品『氷点』『塩狩峠』

 「ごめんなさい」と言えば、 それで済むわけではないかもしれません。

でも、「ごめんなさい」と言わないばかりに、問題がこじれて大きくなることがあります。

そうわかっていても、自分の非を認めることは難しいことです。

ましてやそれを人に告げて、謝るのはもっと難しい。 

「ごめんなさい」と言うには、謙虚さ、潔さ、ときに勇気がいるのです。

【出典】三浦綾子著『遺された言葉』(講談社) 

 

ウィルヘルムの言葉 

すきなら、すきといってやればよかったのに、

だれも、いってやらなかった。

いわなくっても、

わかるとおもっていたんだね。               

ハンス・ウィルヘルム 絵本作家

代表作品『ずーっと、ずっと、だいすきだよ』

「好きだよ」「大好きだよ」

こんな言葉を言ってもらえたら、どんなに嬉しいでしょう。

みじめなとき、辛いとき、言ってもらえたら、

どんなに慰められ勇気づけられるでしょう。

だから、大切な誰かに言ってあげてください。

あなたの家族に、友だちに……。

これからもずーっと、ずっと、

一番長く付きあっていく自分にも。

恥ずかしがらずに、勇気を出して、

「好きだよ」「大好きだよ」って……。

【出典】ハンス・ウィルヘルム著『ずーっと、ずっと、だいすきだよ』(評論社)

 

聖徳太子の言葉              

和をもって貴しとなす。

 聖徳太子 572~622 推古天皇の摂政

言葉一つでも、和は生まれます。

言葉一つでも、和は乱れます。

人に感謝すると、和は生まれます。

人の悪口を言えば、和は乱れます。

自分の間違いを認めると、和は生まれます。

失敗を人のせいにすると、和は乱れます。

自分から人を思いやる気持ちがあって、和が生まれます。

自分のわがままを抑える気持ちがあって、和が生まれます。

人と人が信頼しあうと、和が生まれます。

人と人が大切にしあうと、和が生まれます。

和は貴く、和は人間を貴いものとします。

【出典】「十七条憲法」