いい話

朝の来ない夜はない(吉川英治)

★☆★☆★☆★☆★☆★

朝の来ない夜はない

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

吉川英治
(1892~1962)
作家

『宮本武蔵』『新平家物語』などの国民的文学作品で有名な作家、吉川英治は、少年時代からの苦労人でした。

お父さんが事業で失敗し、病気で倒れ、小学校を中退すると、大勢の弟や妹のためにも丁稚奉公に出されました。
彼のわずかな給金とお母さんの針仕事の賃金が一家の支えだったのです。

英治は青少年時代、職を転々として苦労に苦労を重ねました。
それは、人生の夜をさまようような日々だったのかもしれません。

吉川英治の担当編集者だった扇谷正造氏は、その思いを聞き書きしています。

「扇谷君、僕は同時代の日本人がなめたあるゆる経験を一身で行ってきた。ある意味において、自分の青少年時代ほど、惨たんたる、苦悩にみちたものはなかったと思う。自分は、強盗、強姦、殺人を除き、同時代の日本人が行なったさまざまなことの一切を経験してきた。

何回か絶望に打ちひしがれ、何回かは、いっそ、遊侠の群れに身を投じて、この人生を太く短くと思ったか知れない。

そのたびに(英治、それでいいのかい。それでお前気がすむのかい)といって、私の袖をひき、正道にもどしてくれたのは、私のバンドにまいた赤い腰ヒモであった。

色のさめた母のシゴキが、自分の杖となって、自分は今日まで、あまり、間違いもせず、世の中をわたってこれたのだ
(扇谷正造著『君よ 朝の来ない夜はない』)

その赤い腰ヒモとは、十八か十九の時、印刷工場の住み込み職人として働いていたとき、届いた新聞紙の小包に十文字に結えてあったものです。

当時、英治は朝早くから夜遅くまで、毎日こまねずみのように働いていました。

そういう暮らしのなかで、郷里の母親から新聞紙の小包が届いたのです。
新聞紙の中からは、英治が好きな本が何冊かと刻みタバコが出てきました。

この本を買うために、母は幾晩徹夜して縫い物をしたのだろう。

そう考えると、英治の目から大粒の涙が流れ落ちたといいます。

その小包に結わえてあった母の赤い腰ヒモを、次の日から英治は自分の腰にしめて働きました。

兄弟子たちは、「おい、それはどこの女郎にもらったんだい」とからかいますが、英治は無言で働き続けました。

色あせてはいるが愛に満ちたその腰ヒモは、その後の吉川英治の辛く苦しい青年時代を支え続けることになります。

その後、彼は作家となり、人から色紙に文字を請われると書いたものです。

「朝の来ない夜はない」

この言葉には、吉川英治が辛い青年時代から学びとった思いが凝縮されているのです。