いい習慣

当たり前のことに感謝すると幸せになる

あなたが幸運になれる習慣をご紹介します。

それは感謝するということ。しかも、当たり前のことに・・・

どんなことに感謝しますか?

何か特別なことが起これば、誰でも感謝します。

何か大きなことが起これば、誰でも感謝します。

でも、特別なことも、大きなことも、めったには起こりません。

ですから、特別なことや大きなことだけに感謝する人は、いつまでたっても感謝の習慣を身につけることができません。

そういう人は、一日の生活の中で感謝することがないので、たいてい不機嫌になります。

口から出てくるのは、愚痴ばかり・・・。何か気にいらなければ、文句ばかり・・・。

そういう人といっしょにいたいとは、誰も思わないでしょう。

ですから、その人には、いい出会いも、いい仕事にも、チャンスにも恵まれません。

逆に、いつも感謝する人には、いいことが起こります。

感謝する習慣のある人は、ちょっとしたことにでも、「ありがとう」と言葉に出して感謝してくれます。

穏やかで、にこにこしています。人の悪口や陰口などは言いません。

そういう人といっしょにいると安心するし、楽しく仕事ができます。

ですから、よく感謝する人は、いい出会いも、いい仕事にも、チャンスにもどんどん恵まれます。

大切なのは、感謝する習慣を身につけることです。

目の前の、当たり前のことに感謝するのです。

いつも起こる、小さなことにするのです。

当たり前のように起こることって、本当に当たり前でしょうか?

感謝する習慣をもっている人は気づいています。

当たり前なことは、ほとんどの場合、実は当たり前でないと・・・

例えば、今日ご飯が食べられること。

これは日本では当たり前のように思われているかもしれません。

でも、実際は日本の子どもの貧困率は先進国では非常に高く、ご飯を満足を食べられない子どもは大勢います。

ましてや、世界では全然当たり前ではありません。

アフリカやアジアの貧しい人びとは、昨日も今日も食べるものがなくてお腹を空かしています。

餓死していく人もいます。

ですから、自分は日本に生まれてきて有り難いな、こうしてご飯が食べられて有り難いな、と感謝できるのです。

また、おかずの一つに目を向けても感謝できます。

このおかずは、お母さん(あるいは奥さん)が作ってくれたんだ、健康を考えて、栄養のバランスも考えてくれてるんだな、有り難いな。

他のことで疲れているのに、一生懸命に、毎日おいしいご飯を作ってくれて有り難いな、と感謝できるのです。

さらに、食卓にのっているすべての食べ物が、なぜ、いまここにあるかを考えると感謝できます。

これらは、自分が作ってものでもなく、自分が獲ったものでもありません。

誰かが作り、育て、獲り、運び、取引され、料理され、食卓にのっていることを思い巡らします。

もしも牛や豚を自分で育てようとしたら、これはもう大変なことです。

米や野菜を作ることも簡単ではありません。

産地から店まで運ぶのも、手間隙かかることです。

それらをすべて誰かが自分に代わってしてくれています。

そのおかげで、食事できることは、実に有り難いことなのです。

私たちは、考えることによって知ることができます。

目の前の当たり前のことは、本当は、当たり前に起こっているのではありません。

多くの場合、目には見えない誰かの気配りや努力、温かな愛情に支えられているのです。

病気になれば、健康の有り難さが分かるように、当たり前のことは、それを失ったときに、その本当の価値に気づくものです。

でも、失われないうちにも、私たちは、自分の心の視野を広げることで、自分がいかに多くの有り難いものに恵まれているか、気づくことができるのではないでしょうか。

当たり前のことに「ありがとう」と感謝しよう。

いろいろなことが有り難いことだと気づきます。 (^.^)