いい習慣

運が良くなる口ぐせ(斎藤一人)

 

「ツイてる」っていった人が、ツイてる人間。

斎藤一人(銀座まるかん創業者)

斎藤一人さんは、ご存じのように日本一のお金持ちです。
一人(ひとり)さんは、不思議な人です。

中学校まで出て、商売で大成功している人なのですが、全然苦労していない(とご本人は言われる)のです。

それどころか、毎日楽しくにこにこしながら生きています。

「商人道は、笑人道」だそうで、どうしたら自分が笑えるか、面白くなるか、
ということを考えると人生ハッピーになるし、成功すると言っています。

一人さんの口ぐせは、ツイてる、ツイてるです。
そうすると、ツキがどんどん舞い込んできて、いまに至っているのです。

斎藤一人さんや彼のお弟子さんたちの本を読んでいると、とても明るい前向きな気持ちになれます。

たとえば、面白かったのが、嫌な上司への対処法。

よく人は修行をして悟りを開くために、滝に打たれますが、その上司を「ナントカの滝」という名前とつけてしまえばいいと言うのです。

そうすれば、
「よし、今日も、会社に滝に打たれに行くか」
と思いながら元気に会社に行ける。

そして、小言をいわれたら、
ありがとうございます。(いい滝と巡りあえて、よかったな、ツイてるな)
と言うんだそうです。
面白いでしょう。

もうひとつ、四と九の話も笑えます。
一人さんは、四と九という数字を世間の人のように不吉だとは思わないのです。
それどころか、自分のラッキー番号にしています。

なぜなら、四(よ)と九(く)は「よくなる」ですから・・・。
四九と並ぶと、万事「よくなる」のです。

バカバカしいと思われるかもしれませんが、自分はいつでも「ツイてる」し、
「よくなる」と思うことが大切なのですね。

★「ツイてる」「運がいい」「ラッキー」を口ぐせにしよう。

出典: 斎藤一人著『ツイてる!』