いい考え方

成功者は天命を全うする人(斎藤一人)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

天命を全うする者が成功者だ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

斎藤一人
(銀座まるかん創業者)

日本一のお金持ちと言われる斎藤一人(ひとり)さんは、本当に面白い人です。
そして不思議な人。

彼は、別にどの宗教にも属していませんが、ときどき神様の話をします。
たとえば、次のような話。

世間では、一流企業に勤めたり、出世したり、自分で商売やってお金を儲けたりといったことを実現した人たちのことだけを「成功者」と呼んでいますが、私はそうは思わないんです。

人間の体が滅んで、魂が故郷である天国に帰るとき、肩書きやお金、この世で身につけたものは、すべてこの世に置いていかなくてはならないでしょ。
だから、私は、こんなことをいうんです。

「天命を全うする者が成功者だ」

ちなみに、天命とは、人間がこの世に生まれてくるときに、神さまと交わした約束のこと。

人には愛のある言葉をかけ、笑顔で接する。
それが天命であると、私は勝手に決めさせていただいています。
 
             斎藤一人著『ツイてる!』(角川書店)より

面白いでしょう。

一人さんは自分を世間の人とは考え方の違う「変な人」だと謙遜しています。
確か最初の本は、『変な人の書いた成功法則』とかいうタイトルだったと思い
ますが、「このタイトルじゃなきゃいやだ。『変な人』を入れてくれなければ
本は出さないよ」と言っていたそうです。
やっぱり変わっていますよね。

でも、その基本的な考え方は、世間の人の考えとちょっと違いますが、
人間が幸せになるため、成功するための大切な示唆に富んでいます。

たとえば、何か困った事があれば、暗い顔で愚痴や文句を言うのが世間の常識。
でも、一人さんにはそうではありません。
だいたい「困った事なんてない」と言う人ですし、何か問題が起こっても、
いつも笑顔で、人に愛の言葉をかけようとする人ですから。

さて、皆様にとって「天命」とは何ですか?
神様から、
「あのね、この世にいる間、私の代わりにしてくださいよ」
とお願いされていることは何でしょうか。

斎藤一人さんにとって「天命」は「いつも笑顔で、愛のある言葉を話すこと」
なのです。

★自分の天命を実践しよう。