いい言葉

平和のために愛のために(永井隆)

★☆★☆★☆★☆★☆

働ける限り働く。
腕と指は動く。
書くことはできる。

★☆★☆★☆★☆★☆

永井隆(1908~1951)

私は、これまでよく永井隆博士のこの言葉に励まされてきました。

自分に苦しいこと、辛いことがあったとしても、この時の永井博士と比べれば、全然たいしたことはないな、と思えます。

そして、人間は、どんな悲惨な状態でも、心に希望をもって前向きにがんばることができる、と思えるのです。

永井隆博士は、長崎医科大学を卒業後、放射線医学の研究と患者さんの治療のために尽力した人です。

そのために、白血病にかかり、余命三年と宣告されます。

しかも、その直後に原爆を受け、愛する妻と家財産を一瞬にして失ったのです。

彼は、悲しみのどん底の中でも、自分が倒れるまで人命救助と医学の発展に尽くしました。

その後、ついに倒れ、病床に伏します。

しかし、放射線医学者として、後世のために原爆の状況を記録に残しておかなくてはなりません。

それに妻亡き後、二人の幼子を養うために生活の糧を得なければなりません。

生活の糧以上に、あとわずかな命しか残されていない父親には、子どものたちのために残しておきたいものがあったはずです。

彼は自分のできることはすべてやろうと思いました。

「働ける限り働く。腕と指は動く。書くことはできる。
書くことしかできない」

彼が寝たきりできるただ一つ仕事は、書くことでした。
しかし、もはや机に向かって書く体力は残っていません。

仰向けになって、板切れに原稿用紙を張り付けて濃い鉛筆で、一字一字を升目に埋めていきました。

そして短期間に驚異的な量と質の高い本を書き続けたのです。

『長崎の鐘』『この子を残して』『ロザリオの鎖』など、多くの本が当時の大ベストセラーになりました。

それらの本や永井博士の思いや生き方は、映画や歌にもなり、敗戦で悲しみに沈む日本人の多くに希望を与え、励ましたのです。

「働ける限り働く。腕と指は動く。書くことはできる。書くことしかできない」

ついには、腕も指も動けなくなるまで、書きつづけ、その五日後に永井博士は亡くなります。

その亡くなる直前、白血病か来るあらゆる苦痛のなかでも、冗談を言って周囲を笑わせていました。

平和のためにできることをしよう。

拙著『永井博士 平和を祈り愛に生きた医師』(童心社)より