いい習慣

「夢はあきらめなければ叶う」を30年かけて体現した作家(浅田次郎)

浅田次郎さんは、いまや文壇の大御所ですが、少し前まではどれだけ原稿を書いても採用されない、作家志望の人でした。

自分には才能がないと思いつつ努力し続けたそうです。

作家という夢ではなくとも、自分の夢をもって努力している人のために、決してあきらめなかった浅田次郎さんのお話をお届けします。

才能がないと自覚しつつ・・・

みんなから馬鹿扱いされても、
だからといって
自分の信念をあきらめてはいけない。

浅田次郎

浅田次郎さんって、ご存じですよね。
はい、そうです。
100万人が泣いた小説『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞を受賞した作家。

『鉄道員(ぽっぽや)』は、高倉健さん主演で映画にもなりましたね。
再び泣いた人も多いはず・・・わたしも(笑)

いま最も人気がある作家のひとりとなった浅田次郎さんですが、40歳になるまでは、物書きとしてほとんど見向きもされない人だったのです。

浅田さんは、小学生の頃から小説家を目指していた人です。
そして、愚直なまでの努力を積み重ねて、その夢をかなえた人です。

高校生の時、同じく小説家を目指す心から尊敬する先輩に「お前は才能がない。小説家にはなれないよ」と言われます。

ショックでしたが、才能がないのは、その通りだと思ったそうです。

それでも、その先輩の教えの通り、原稿用紙に三島由紀夫の小説などを書き写す修行をしていきます。

大学には行かず、職を転々としてながらも、その修行を続けました。

一日6時間机に向かうという目標をかかげ、実質3時間以上、毎日机の上の原稿用紙に向かったそうです。(すごい!この継続力)

その一方で、書いた小説を様々な文学賞に応募しますが、ことごとく落選します。

その間に書いて、煙と消えた原稿用紙は何万枚にも及ぶそうです。

そういう生活を10年間以上続けました。

(す、すごいでしょ。まわりの人に馬鹿にされたこともあったでしょう)

30年かかって遂に!

彼が30歳を過ぎた頃、ようやく二次選考に作品が残りました。

うれしくて、うれしくて、飛び上がって、その出版社の前まで行って手を合わせて感謝したそうです。

哀れ、その作品も結局ボツになるのですが、その小説の主人公の名前が「浅田次郎」。
それ以来、彼はこの名前をペンネームにします。

自分の作品が雑誌で初めて活字になったのは、なんと35歳のとき。

はじめの単行本が出版されたのが、40歳のとき。

小説家を志してから悠に30年もかかったのです。

(よ、よくぞ、ここまで続けた・・と思いませんか)

ですから、いままでまったく相手にされなかった大手出版社から、エッセーの連載の話が飛び込んできたときには素直に信じられず、借金取りが自分を誘い出すワナだと本気で疑ったそうです。

しかし、その後思いがけず、『メトロに乗って』で吉川英治文学賞受賞。
『鉄道員』で直木賞を受賞。(やはり継続は力になるのです!)

いま最も人気がある作家のひとりとして活躍中です。

夢が大きいほど、長い準備期間が必要です。
夢が大きいほど、失敗の数も多くなります。

それでも、彼はずっと「小説家になりたい」という夢をあきらめませんでした。

書いた作品が、落選しても、落選しても、落選しても書き続けました。

やはり才能がないのか、やはり才能がないのかやはり才能がないのかと落胆する日も書き続けました。

続けたからこそ、自分の夢をかなえられたのです。

夢をかなえるために、歩みを続けよう。

(それに、浅田さんは、書くことが本当にすごく好きだったんですね)