いい考え方

嫌われても大丈夫(佐賀のがばいばあちゃん)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

二、三人に嫌われても、
反対を向けば一億人いる

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

佐賀のがばいばあちゃん

前にも紹介しましたが、佐賀のがばいばあちゃんとは、漫才師の島田洋七さんを育てたばあちゃんです。

「がばい」とは、佐賀弁で「すごい」という意味。

このばあちゃんは、夫に先立たれ、貧乏のどん底暮らしのなか、学校の便所掃除の仕事をしながら、7人の子どもを立派に育てたばあちゃんです。

このばあちゃん、貧乏だが、底抜けに明るく、前向きです。

たとえば、小学2年生の洋七さんがお腹がすいて

「さあ、うちもそろそろご飯かな」
と思っていると、ばあちゃんは、言います。

「さあ、寝よう」

「えっ、でも、ばあちゃん、ご飯は?」

「晩ごはんはな、毎日食べるものと違う」
とキッパリ!

「だって、お腹がへったよ」

「気のせい、気のせい、さあ、早く寝よう」

朝になると、ばあちゃんは仕事に行く支度をしています。

「ばあちゃん、朝ごはんは?おれ、ご飯たくから」

「朝ごはん?昨日、食べたろ」

「・・・?うん・・・」

「さあ、はよう学校いけ。お昼には、給食、給食。給食食べてがんばれ」

そして、ばあちゃんは、さっさと便所掃除の仕事にでかけていくのです。

もちろん米櫃には、一粒の米もありません。

しかし、洋七さんは言います。

「お腹はすいてたけれど、家の中は明るく、笑いが絶えなくて、
不幸だなんて考えたことは一度もなかった」

さて、洋七さんは、中学では野球部のキャプテンになりました。
しかも、番長でやたらと目立つ存在。

そのせいか、人に陰口を言われたり、意味もなく嫌われることがあったそうです。

「何もしてないのに、どうして悪く言う奴がいるんだろう」

それを聞いてばあちゃんは笑顔で言いました。

「二、三人に嫌われても、反対を向けば一億人いる。

お前が好きな人がおっても、その人も誰かに嫌われている。

お前もいい人やと言われても、お前を嫌いな人もいっぱいる。

世の中、それで成り立ってると」

洋七さんは言います。

「このばあちゃんの言葉にどれだけ救われたことか・・・」

もし、失恋しても、ばあちゃんみたいに考えるとこうなります。

嫌われた?
大丈夫、大丈夫・・・
まだ出会っていない人が30億人もいる。

もっと素敵な人がきっと見つかるのです。

物事のプラス面を見て明るく生きよう。

出典:島田洋七著『がばいばあちゃんの笑顔でいきんしゃい!』(徳間書店)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。