いい考え方

「叩け。さらば開かれん」(佐藤初女)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会いたい人に会うために

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「この人に会いたい!」という人、いませんか?

その人に会うためには、どうしたらいいのでしょう。

次のやり方は、あまりお薦めできませんけれど、その心意気には、学ぶべきものがありますよ。

今年30歳になる教え子S君に教えてもらった話です。

…………………………………

「この人に会いたい!」とS君は思ったらしい。

雑誌の記事を読んだだけで、心惹かれた。

その人の講演があると知って、そのまま新幹線に飛び乗った。

東京から青森まで・・・。

弘前という街に着いたら、その人の講演は、ちょうど終わったところだった。

「1秒でいいですから、会わせてください。お願いです。」
と、スタッフの人に頼み込んだ。

そんなにまでして会いたかった人は、(当時)85歳になるおばあちゃんである。

佐藤初女(はつめ)さんという。

『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第二番』
~地球の声が、きこえますか。~

という映画に、
ジャック・マイヨール(海洋冒険家)、
ダライ・ラマ14世、フランク・ドレイク(天文学者)、
と共に出演した東北の無名のおばあちゃんだった。

「今生きている我々ひとりひとりが、心にどんな未来を描くかによって、現実の地球の未来が決まってくる」

映画は、そんなメッセージを観る人に伝え、感動を与えたものだった。

映画のヒットともに、佐藤初女さんは知られ、多くの人が彼女を訪ねてくるようになった。

S君も、その一人だったのだ。

「ぼくは、長崎でカトリックの小学校に通っていたんです」

まわりのスタッフたちの何人かも、カトリック信者だったので、そんなS君に親しみをもってくれたらしい。

佐藤初女さんを待っている間に、スタッフの人たちと打ち解けた。

そんなS君を佐藤初女さんは、懇親会に誘ってくれた。

S君は佐藤初女さんの横で3時間も座って話しこんだ。

おかげで、講演の2倍もの話を聴くことができた。

「あなた、泊まる宿は?」

「え?まだ考えていません」

「それじゃあ、『森のイスキア』においでなさい。私たちの家です」

そして、「あなたは、『叩け。さらば開かれん』みたいな人ね」
と言って笑った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐藤初女さんの言葉は聖書に出てくる言葉です。

「叩け。さらば開かれん」

求めれば、与えられます。

探せば、見つけられます。

門を叩けば、開かれます。

勇気を出して自分から動けば何かが得られます。

会いたい人には自分から会いに行こう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。