いい話

一人ではチャンピオンになれない(ガッツ石松)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一人ではチャンピオンになれない。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ガッツ石松

ガッツ石松さんは、伝説のプロボクサーです。

1974年に世界チャンピオンになってからの5度目の防衛戦のことです。

慢心してしまいました。

暴飲暴食のため、体重がどんどん増えていったのです。

防衛戦3ヶ月前は、なんと体重が19キロもオーバー。

さすがに反省し、過酷な減量を開始するのですが、10日前にまだ10キロもオーバー。

飲まず食わず、ロードワークなどで1日1キロ落としていきました。

ニ、三日前になると階段を上る力もなくなるほど苦しんだそうです。

口が渇き、唾液が飲み込めず苦しむと、付き添いの若者が背中をさすりながら泣いていました。

「彼も俺に夢を託している」と実感し、その後、計量をパス。

右アッパーによる14回KOでベルトを守りました。

彼は言います。
「一人ではチャンピオンになれない。みんなの支えがエネルギーになりました」

彼は、子どもの頃は自分勝手なガキ大将だったそうです。

体の弱い父親は定職がなく、母親が力仕事で家計を支えていました。

兄弟は4人、家は貧しく、いつも腹をすかせていました。

周囲のさげすむ目に怒りをもち、食べるために、他人の畑から野菜を盗みました。(生きるための自己防衛だったのしょう)

転機となったのは、中学2年のときに問題を起こし、家庭裁判所に父親と行った帰り道の出来事です。

生まれて初めて、ラーメン店に入りました。

父と子、二人で一杯だけ頼んだラーメンを、このとき自分一人で食べてしまいます。

すると、父が残りのスープに水を足して飲み干したのです。

あっ!・・・・・

父親の空腹にさえ気づかない無神経さに腹が立ち、泣きたくなりました。

そして、このときに少年は決意をするのです。

「悪さをやめて、両親を貧困から救ってやる」

それがボクシングを志す動機となりました。

ガッツ石松さんがチャンピオンになれたのは、本人ががんばったのは当然ですが、家族の支え、ジムの人たち、みんなの支えがあったからでしょう。

わたしたちも、きっと誰かに支えられています。

夢を追いかけることができるのも、それは誰かが支えていてくれるから。

みんなの支えはわたたしたちのエネルギーになります。

支えられていることに気づけば、力が出てくる。

出典:「日本経済新聞」2006年7月1日