いい言葉

神様への感謝の手紙(前田典子)

★☆★☆★☆★☆★☆

神様への感謝の手紙

★☆★☆★☆★☆★☆

前田典子

生まれつきの障害を背負った女の子の詩をご紹介します。

作者については、よく知りませんが、「祈る」ということを考えていたときに出会った詩です。

・・・・・・・・・・・・・・・

神様への手紙

前田典子

神様 幼いころ わたしは

あなたにおねがいしました

何度も何度もおねがいしました

神様 わたしに足をください

自由に歩ける足をください

大きくなったらなおるんだって

そればっかり思っていたの

神様 幼いころ わたしは

あなたがきらいになりました

何度も何度もおねがいしましたのに

わたしの足は動かなくなった

いつまでたっても動かなかった

神様 ごめなさい 動かぬ足と涙だけしか

なんにもあとは見えかったの

 

神様 このごろ わたしは

あなたがすきになりました

たとえ足は動かなくとも

多くの友と愛する家族

自由な心と明日への希望

 

神様 ありがとう

あなたがわたしに何をくれたのか

やっとそれがわかってきたの

今、大きな声でいいたいのです

わたし   しあわせです

神様

これからもよろしくね

(愛知県教育委員会発行『みんな友達』より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この詩には、まるで友達に語りかけるかのような率直な言葉が綴られていますね。

「‥‥してください」「きらい」「ごめんなさい」

「すき」「ありがとう」

「しあわせです」「よろしくね」

実は、神様はわたしたちの友達なのです。

彼女の語りかけに対する神様の答えは言葉として書かれてはいませんが、彼女は確かに受け止めています。

「神様、ありがとう、あなたがわたしに何をくれたのか、やっとそれがわかってきたの‥‥‥わたし しあわせです」と。

どうして彼女はそう思えるようになってきたのでしょうか。

それは、彼女が自覚しているように「動かぬ足と涙だけ」を見るのではなく、
自分に与えられているものを見ることができるようになったからだと思います。

そして、私たちのまわりに起こる出来事には、神様からのたくさんの贈り物やメッセージの隠れていることが祈ることで分かるようになったからでもあります。

祈りは、神様への手紙です。

そして、祈りは対話ですから、神様からの手紙であります。

「神様、ありがとう」を口に出し、心の中に何度も書いてみると、
神様からの自分への贈り物やメッセージが分かるようになるかもしれません。

「神様 ありがとう」と何度も何度も言ってみよう。