いい考え方

マイナスの状況をプラスの結果にする(リンゴの話)

★☆★☆★☆★☆★

マイナスの状況を
プラスの結果する
(リンゴの話)

★☆★☆★☆★☆★☆

よく知られた話だからご存じかもしれません。

ある年、台風で青森県のリンゴの9割が落ちてしまいました。

さあ、大変!

ほとんどの農家の人々は、落ちたリンゴを見て、嘆き悲しみました。

でも、そのなかでニコニコしていた人がいました。

他の人は、落ちたリンゴを見ていましたが、その人は、落ちなかったリンゴを見ていたのです。

そして、落ちなかったリンゴを「落ちないリンゴ」と名前をつけて、1個1000円もの値段で売りに出しました。

そう、受験生に・・・

「台風が来ても、落ちなかったリンゴです。縁起ものですよ」って・・・

どうなったと思いますか?

はい、そうです。

そのリンゴは高くても、飛ぶように売れたのです。

・・・・・・・

さて、アメリカにもリンゴの話があります。

ある年、リンゴ農園のたくさんあるミネソタ州に、数十年ぶりのヒョウが降りました。

アメリカのヒョウは、大きいものではピンポン玉くらいあります。

直撃されたリンゴは地面に落ちて、表面には黒い痕がついて売り物にならなくなりました。

さあ、大変!

ほとんどの農家の人々は,落ちたリンゴを見て、嘆き悲しみました。

でも、そのなかでニコニコしていた人がいました。

その人は、手書きで次のような言葉を書き、看板を立てました。

「自然の恵みを受けたリンゴです!このリンゴは、数十年ぶりのヒョウに打たれた珍しいものです。おかげで甘みが増しました。ヒョウに打たれた証拠は、表面の黒い斑点です」

どうなったと思いますか?

はい、そうです。

そのリンゴは見た目が悪くても、飛ぶように売れたのです。

どちらのケースも、同じこと。

マイナスの状況を発想の転換でプラスの結果に変えているのです。

考え方を変えると、落ちたリンゴ、傷ついたリンゴ、どちらもオッケーなのです。

マイナスの状況をプラスの結果にしよう。

出典:箱田忠昭著『落ちたリンゴを売れ!』(フォレスト出版)