いい言葉

しっぽもひと役(永井隆)

★☆★☆★☆★☆

しっぽもひと役

★☆★☆★☆★☆

自分なんか、役に立たないと思っている人へ

あの人は、役に立たないと思っている人へ

今日の言葉を贈ります。

永井隆博士が遺した書画にブタの絵があります。

その絵に添えられた「しっぽもひと役」という言葉。

長い間、どういう意味かわかりませんでしたが、先日、娘のカヤノさんのお話をきいて、なるほどと思いました。

カヤノさんがまだ幼かった頃です。

白血病で寝たきりの永井博士は、娘と遊んでやることもできないので、よく絵を描いてやりました。

「着物は買ってやれんから、絵を描いてやる」ときれいな着物を着たカヤノさんを描いてくれたそうです。

カヤノさんは、幼心に「本物の着物の方がいいのになあ」と思ったそうです。

さて、あるときはブタの絵を描いてくれました。

永井博士は、絵も字もじょうずでしたが、その絵はどうしてもブタに見えません。

首をひねりながら絵をながめていたカヤノさんが気づきました。

「あっ、おとうちゃん、しっぽがないよ」

それで永井博士も気づき、すぐに、しっぽ一本を描きくわえたのです。

すると、不思議。

その絵はたったそれだけでブタになったのです。

しっぽというものは、おしりの先にくっついてブラブラゆれながら、何をするということもありません。

目のように見ることはありません。

口のように物を食べることもありません。

足のように体を支え、歩むこともありません。

でも、しっぽにはしっぽの役目があったのです。

「しっぽもひと役」

永井博士は、原爆に倒れ寝たきりになった自分をそれ以来、世の中の「しっぽ」みたいだと考えるようになったのでしょう。

ブタのしっぽのように、この自分にも何か役目があるはずだと考えるようになったのです。

そして、その役目を積極的に果たそうと考えるようになったのです。

「この世になんの用事もないものが生かされているはずがありません。

どんな病人でも、何かこの世において働くことができるから、生かされているのでありましょう。

私は、命の最後の一瞬まで、いろいろ工夫して、何か働く事を見つけて働こうと思います。」

永井隆著『如己堂随筆』

人の目にどう写ろうとも、いま生かされているわたしたちには、一人ひとり、何かの役目があるのです。

存在するだけでも、誰かに働きかけ、役に立っているかもしれません。

与えられた命を活かしていこう。

出典:永井隆著『如己堂随筆』(サンパウロ)