いい話

夢を追いかけて(前半)

★☆★☆★☆★☆★

夢を追いかけて

★☆★☆★☆★☆★

熊本在住の絵本作家の岸信子さんの講演を聴きにいきました。

感動しました。

「わたしは話すことが好きなので、誰かが止めないと、朝までしゃべっています」

とおっしゃるほどの話好きで、話上手です。

1時間余りの講演でしたが、すごく面白い、ためになる話をいっぱい聴けました。

彼女の肩書きは、絵本作家となっていますが、それよりもすごいのは、10人の子どもの母親だということです。

長男がいま23歳、一番下が幼稚園の年長さん。

七男三女の母。

でありながら、絵本を1冊、本を2冊発行、熊本県民テレビで度たび紹介され、人気沸騰。

「いま岸さんの家ではどうなってるの?」という視聴者のリクエストにお応えして、熊本県民テレビホームページ上にエッセー「信子かあさんのきょうの絵日記」を連載。

また、絵本『こちらたまご 応答ねがいます』は、アニメ化。

講演は、ふつうは子育てについて頼まれることが多いのですが、今回は、岸さんの母校の長崎外国語大学での講演でしたので、おもに学生さんたちを対象に話されていました。

「夢を追いかけて」というテーマでした。

岸さんは小学5年生の頃から、2つの大きな夢をもっていました。

1つは、本を読むの好きで、とりわけ『赤毛のアン』が大好きだったので、
『赤毛のアン』の舞台となった

「カナダのプリンス・エドワード島に行きたい」

という夢でした。

もう1つは、書くのも好きだったので、

「自分の本を1冊出版したい」

という夢でした。

「追いかけ続ける夢は、いつかきっと叶えられるものですよ」(モンゴメリー著『赤毛のアン』)

特に、この言葉を岸さんは大好きで、ずっと夢を追いかけていこうと思っていたのです。

岸さんは、夢を叶えるために行動をしました。

プリンス・エドワード島に行ったら、英語が話せなければならないから、英語を勉強しよう。

そう考えて、中学生になってから英語を一生懸命勉強しました。

高校になると、仲のいい友達と観光地まで行き外国人を探して、英語で話しかける練習をしました。

大学は長崎外国語短期大学に進み、休みの日になると、外国人を探し(?)を趣味としました。(幸い、長崎は観光地に外国人が多い)

ちなみに、ある日、こんな感動的なことがあったそうです。

長崎の平和公園に、一人ぽつんと外国人のおばあちゃんがいたのです。

いつものように明るく話しかけると、おばあちゃんは、とうとうと自分の身の上を話し出しました。

「日本には、愛する夫と来る予定でした。でも、夫は先日、亡くなったんです。私は、夫が行きたがっていた日本へひとりで旅立つことにしました。

日本のいろいろな有名な観光地に行きました。いろいろな素晴らしいところを見て回りました。

でも、一番うれしかったのは、いまこうしてあなたが私に話しかけてくれたことです。そして、話を聴いてくれていることです。」

岸さんは、おばあちゃんのその話をきいて、涙が出るくらい嬉しかったそうです。

「言葉は心と心をつなぐ橋なんだ」

と、ますます英語を勉強するのが好きになったのです。

大学を卒業すると、岸さんは熊本の地元の企業に就職。

何年かして、大好きな人ができて、結婚しました。

そして、次々を可愛い三人の子どもが生まれました。

幸せな生活のはず、でした。

しかし、子育ては大変だったのです。

大好きな本を読もうと思っても、子どもが泣いていると中断しなくてはなりません。

英語の勉強をしようと思っても、子どもがちょっかいを出してジャマをします。

大好きな映画にも、コンサートにも行けません。

いつも子どもを叱ってばかり・・・。

夜、子どもたちの寝顔を見ると、しんみり反省し、

「明日からは優しい母親になろう」

と思うのですが、朝になるとまたガミガミ。

毎日、同じことの繰り返しで、ストレスが溜まるだけでした。

小学5年生から追い続けていた

●「プリンス・エドワード島に行きたい」

●「本を出版したい」

という長年の夢をあきらめていたわけではありません。

でも、お金がない、時間もない、子育てでそれどころじゃない、

そんな自分の現実の生活に落ち込みました。

ある日、尊敬する先輩ママに言われました。

「子どもって、あっという間に大きくなるの。子どもが小さくてお母さんを頼っているのは今だけよ。今が一番いい時・・・今を楽しまなくっちゃ」

(わかっているけれど、それができないのよ・・・)

と、はじめは反発していた岸さんですが、その先輩ママの言葉が転機となり、ある決心をします。

そこから、岸さんの生活は変わっていきます。

そして、岸さんの後の「奇跡」につながるのです。

岸さんは、この「奇跡」に鳥肌が立ちました。(私も・・・)

このお話のつづきは、こちら「夢を追いかけて(後半)」です。

夢をあきらめない!