いい本

メーテルリンク作『青い鳥』 幸せの見つけ方

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

メーテルリンク作『青い鳥』
幸せの見つけ方

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ノーベル文学賞作家、メーテルリンク作『青い鳥』という作品をご存じでしょう。

童話や絵本にもなっていますが、もともとの原作は戯曲、つまり舞台用に書かれたものです

この作品の出てくる「青い鳥」という言葉は、幸せの象徴として、日本ではとても親しまれていますね。

ご存じだと思いますが、物語のおおまかなあらすじをご紹介しておきましょう。

貧しいきこりの家に育ったチルチルとミチルの兄妹は、魔女の命令で、幸福を招くという青い鳥を求めて、いろいろな国に旅に出かけます。

「思い出の国」「夜の宮殿」「未来の王国」などを探しまわリますが、
ついに「青い鳥」を捕まえることはできませんでした。

家に帰ってきた二人は、疲れ果てて眠り込んでしまいます。

夢から覚めると、隣のおばあさんが駆けこんできます。

自分のうちの病気の娘が、どうもチルチルの家にいる鳥をほしがっているとのこと。

すっかり忘れていた自分の家の鳥(キジバト)を見にいくと、それはなんと青い鳥になっていました。

二人は、その青い鳥を病気の娘にあげました。、
 
すると、不思議にも娘は、その青い鳥を見ると病気が良くなったのです。

しかし、喜びもつかの間。

餌をあげようとすると、青い鳥はさあっと飛び立ちました。

そして、どこかへ行ってしまったのです。

こういうお話でしたね。

さて、青い鳥は、どこに行ったのでしょうか。

あなたは、青い鳥はどこに行ったと思いますか?

というのは、この物語の続きは、自分で考えてよいと思うからです。

青い鳥がどこに行ったのか、私はこう考えたいと思います。

青い鳥は姿を消しますが、実は、逃げたのではないのです。

青い鳥はきっと近くにいるのです。

青い鳥は、幸せの象徴です。

ですから、きっと心の中にいます。

なぜなら、私たちは、どこか遠くにいかなくても、身近なところに幸せを感じることができるからです。

誰かに優しくされたとき・・・

感謝されたとき・・・

自分も大切にされているとわかったとき・・・

人のために、親切にして喜ばれたとき・・・

自分が受けてきたものに感謝できたとき・・・

青い鳥はきっと近くにいるのです。

そして、見つけてもらえるのを待っているのです。

身近なところに幸せを探そう

きっと見つかります。(^.^)

出典:メーテルリンク著『青い鳥』

●おまけ

人生は一巻の書物である。
われわれは生まれてから死ぬまで毎日、その一ページを創作しているのである。 by メーテルリンク

大海よりもなお壮大なるものは大空である。
大空よりもなお壮大なるものは人の心である。 by ビクトル・ユーゴー

人の心には何でも入っている。
過去も未来も、夢も勇気も、愛も幸せも・・・。 by 中井俊已