いい話

神さまは○○な人が好き(米国第16代大統領の言葉から)

アメリカ人の多くは、挫けそうなときに、ふとこの男のことを思い出し、勇気づけられるそうです。

その男の短いプロフィールと勇気がわいてくる名言をご紹介しましょう。

何度も失敗し挫折しそうになった男

その人は、こんなプロフィールです。

彼はケンタッキー州の貧しい開拓農民の子として、丸木小屋で生まれ育ちます。

9歳で母に死別。

学校は貧しさのために断念。

正規の教育を受けたのは、1年足らず。

本はよく読むが全部借り物。持っていた本は聖書1冊。

20台で事業を起こしますが、失敗の連続。

借金を返すために働く日々が続きます。

さらに、恋人の死という悲運によって神経衰弱を患います。

しかし、独学を続け、27歳のとき弁護士になります。

政治家を志し、30台で下院議員に立候補しますが、2度落選。

40台でも上院議員に2度落選。

51歳のとき、大統領となり、南北戦争を戦いました。

奴隷解放という新しい歴史を切り開き、あるとき、たった3分間で歴史に残るスピーチをしました。

あの「人民の、人民による、人民のための政治」という言葉のスピーチです。

そう、彼の名は、米国第16代大統領エイブラハム・リンカーンです。

アメリカで一番、尊敬されている大統領は、だれか?

いつ調査しても、それはリンカーンだそうです。

彼が民衆に人気があったのは、「平凡な民衆」の中から身を起こし、最後まで自分を「平凡な民衆の一人」だと考えていたからでしょう。

町を歩いていたとき、ある人が言ったそうです。

「あれが大統領か。実に平凡な風采だな」

リンカーンは、これを聞くと振り返って言いました。

「その通りだよ君。神さまは平凡な人が好きなのだ。だから平凡な人を、たくさん、つくられたのだ」

平凡でいい、あきらめずにやろう。

神さまは、平凡であきらめない人を応援してくださいます。(^.^)

勇気がわいてくるエイブラハム・リンカーンの名言

言葉としては平凡かもししれません。でもリンカーンはこれらの言葉を信念として歩み続けたです。

★「私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない」

★「あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ」

★「そのことはできる、それをやる、と決断せよ。それからその方法を見つけるのだ」

★「待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである」

★「君の決心が本当に固いものなら、もうすでに希望の半分は実現している。夢を実現させるのだという強い決意こそが、何にもまして重要であることを決して忘れてはならない」