いい習慣

今度こそ絶対!続けるコツ(ダイエットも可能)

あなたの夢を叶える「いい習慣」づくりのヒントとしてお届けします。

夢を叶えるには続ける」ことが大切ですね。

そのコツをいくつかお伝えします。

「続ける」ためのいろいろなコツ

新しい年、新しい年度、また職場や住む場所が新しくなったりすると

「今度こそ、やるぞ!」

という気持ちになりますね。

「こんな夢を実現させたい!」

と目標を立てるのはいいことです。

それだけで新鮮な気持ちになれます。

目標を決めたら、大切なことは、まず「始めること」。

これは意外に難しいのですが、それができたとして、次に大切なことは・・・そう、次に大切なのは、「続けること」です。

「継続は力なり」と言いますよね。

続けると、何かを学び続けられます。

続けると、経験が積み上げられます。

続けると、実力がどんどんつきます。

続けると、大きな夢も実現するのです。

そうは知っていても、続けるはやはり誰にとっても難しいもの。

そこで、普通の人でありながら続けることによって、夢を叶えた人に「続けるコツ」を学んでみましょう。

私の友人である作家の志賀内泰弘氏。

志賀内氏が続けていることを2つ、ご紹介します。

1つは名刺を交わした人にハガキを書くこと。

彼はサラリーマンだった頃から、年間、2000通~3000通はハガキ(手紙)を書いて出し続けているそうです。

そのおかげで『タテ型人脈のすすめ』(SBクリエィティブ)という本も出せるほどの人脈づくりの達人になりました。

「続けると達人になれる」

これは本当なのです。

もう1つは、世の中が思いやりいっぱいになることを願っての「プチ紳士・プチ淑女を探せ!運動 」。

かれこれ10年以上継続し、全国に広がっています。

彼は長年培ってきた「続けるコツ」を伝授する本を『「今度こそ絶対!」続けるコツ』(明日香出版)で公開しました。

この本には、「今度こそ絶対!続ける」ためのコツが満載です。

例えば、

●まず「4日」続ける。

すなわち「三日坊主」の壁を破ることをだけを、まず目標とする。

●3Dを使わない。

3Dとは、「だって」「でも」「どうせ」。つまり、やらないための言い訳をしない。

●「ながら族」になって習慣化する。

たとえば、電車に乗りながら本を読む、など。いつもしていることと同時にすると、続きやすい。

●大衆に宣言する。

「今日から〇〇するぞー」とまわりの人に宣言して自分を追い込む。

「どうせダメだろう」と言う友人と賭けをして発奮するのも効果的とのこと。

●自分で会を作ってしまう。

自分が言い出しっぺになって、同じ目的の仲間といっしょに続ける。

自分が言いだしっぺなので、そう簡単にやめるわけにはいかなくなる。

など、たくさんのコツが紹介されていますが、私が特にいいなあと思ったのはこれです。

ダイエットも可能な方法

●「目に見える小さな目標」を立てる。

この方法で、志賀内氏の奥様は、なんと10キロのダイエットに成功されたそうです。

具体的にどうしたかというと、「目に見える小さな目標」を達成していくために、100グラム刻みの体重計を使ったのだそうです。

この体重計で計れば、体重が100グラムずつ減っていくことを目で見て確認できます。

つまり自分の努力の成果が、目に見えて実感できる!

すると嬉しい!

その喜びを毎日のように味わえるから、努力も続けられます。

そしていつの間にか、大幅ダイエットに成功!というわけです。

なるほどなあー。

この方法は、ダイエットでなくても応用できると思いますよ。

何かの「大きな目標」を「小さな目標」に分割して、毎日コツコツ達成していくのです。

その際、目に見えて実感できるようにするのがコツ。

実感できれば嬉しい。

その喜びがあれば、楽しく続けられるのです。

そして、続けると夢は実現していくのです。

夢に向かってコツコツ歩み続けよう。

きっといいことがあります。 (^.^)

出典:志賀内泰弘著『「今度こそ絶対!」続けるコツ』(明日香出版

ご参考まで:体重計は50グラム単位で測れるものもあり、実は私も使い始めました。NHKテレビためしてガッテンの元ディレクター北折一氏のお勧めです。これだと無理なくダイエットができます。私は、4カ月で4キロのダイエットに成功しました。