いい本

絵本を読むと生きる力が湧く

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

絵本を読むと生きる力が湧く

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

絵本って、すごくいいものです。

絵本は、短い洗練された言葉と絵で、一つの世界を作り上げ、短時間で、その世界に連れて行ってくれます。

絵本って、小さな子どもが読むものだとずっと思っていました。

でも本当は、子どもだけのものではなかったのです。

ノンフィクション作家の柳田邦夫さんも言われています。

「絵本という表現ジャンルは、実は子どもだけのものではなく、年齢や世代を超えて共有できるものなのだ。

ユーモア、機智、悲しみ、別れ、思いやり、心のつながり、支えあい、愛、心の持ち方、生き方など、人間として生きていく上で、大事なものを、深く考えさせられる。」

柳田邦夫著『大人が絵本に涙する時』

だから、「大人こそ絵本を読もう」と柳田さんは言われます。

大人には現実の世界に疲れることがたくさんあるものです。

そんなとき絵本を読むことで、現実の世界でまた前向きに生きる力を得るのです。

さて、今日ご紹介する絵本は、宮西達也という人の絵本です。

『ぼくにもそのあいをください』

ユーモラスな絵で描かれた恐竜のお話です。

「この世の中は力があるものが勝ち。力の強いものが一番なんだ」

そう信じていたティラノサウルスがいました。

月日が経ち、年をとったティラノサウルスは、その力を失っていきます。

そしてある日、トリケラトプスの子どもに出会って、気づくのです。

「その子どもを寄こせ」
という他の恐竜たちの攻撃に傷つきながら、命賭けで守り抜きます。

「おれは、やっとわかったんだ・・・。おぼえてほしい。

大切なのは力が強いことじゃないんだ。一番、大切なことは・・・」

ティラノサウルスは、この後の言葉を最後まで言えませんでした。

でも、年月が経ちトリケラトプスの子どもが、お父さんになったとき、自分の子どもたちを同じように他の恐竜から守った後、言うのです。

「いいかい、力よりも、もっともっと強いもの、大切なものがあるだ。そそれは、・・・」
 

宮西達也さんの恐竜シリーズは、他にも

『おまえうまそうだな』

があります。これにも感動しました。

ある時、おなかをすかせた大きな恐竜が、赤ちゃん恐竜を見つけてとびかかろうとします。

でも、あかちゃん恐竜は、その恐竜をお父さんと信じこんでしまいます。

そこから始まる、「お父さん」恐竜と赤ちゃん恐竜の温かでドキドキする交流・・・

「うわー、すごい!ぼくも はやく おとうさんみたいになりたいなあ・・・・」

とお父さん恐竜を尊敬する赤ちゃん恐竜。

しかし、ふたりは本当の親子ではありません。
いずれ別れなければならないのです。

「もうおまえには教えることがなくなった。だから、今日でお別れだ」

お父さん恐竜がそう言うと赤ちゃん恐竜は、ボロボロ涙を流しながら言いました。

「いやだ!いやだ!
ぜったい いやだ!

ぼく、おとうさんみたいになりたいんだ。
おとうさんとぜったい いっしょにいる」

でも、お父さん恐竜は、一緒に生活できないのを知っています。

そこで、泣く泣くお父さん恐竜がとった方法は・・・。

 

この2つの絵本は、面白くて、ドキドキして、最後にはジーンとして、涙が出ます。

そして、温かな気持ちになっている自分に気づきます。

絵本を読もう。

あなたに素晴らしいものを贈ってくれます。 (^.^)

出典:宮西達也作『ぼくにもその愛をください』『おまえうまそうだな』

●「絵本という表現ジャンルは、実は子どもだけのものではなく、年齢や世代を超えて共有できるものなのだ。」柳田邦夫著『大人が絵本に涙する時』より

●「絵本を読むことで、現実の世界で前向きに生きる力を得る」by中井