いい本

分け与えれば、幸せは増えていく

浜口隆則著『戦わない経営』という本を読みました。

会社の経営者でなくても参考になる本だと思います。

普通のビジネス書と違って、詩のようなスタイルの短い言葉で、幸せについてつづっているのが特長です。

仕事を通して幸せになるための、心温まるビジネス書だと思いました。少し、ご紹介します。

会社がつくっているものとは?

この本にはいい言葉がたくさん出てきます。

たとえば、

 「会社というのは、幸せをつくっている」

という言葉です。

それは、こういうことです。

たとえば、食べ物屋さんは、食べ物だけでなく、いっしょに幸せをつくっています。

食べ物屋さんは、食べ物といっしょに幸せを売ります。

その食べ物を食べたお客さんがハッピーになります。

お客さんが喜ぶと、社員もハッピーになります。

社員もハッピーになると、その家族や友だちもハッピーになります。

自動車会社も、電器メーカーも、出版社も、そうです。

会社や人は幸せをつくることができます。

分ければ増えていくものは?

ところで、私はよく思うのですが、

幸せを分け与えれば、幸せは増えていきます

もちろん、物質は分ければ減っていきます。

でも、心の幸せは、分け与えても減りません。むしろ、増えていきます。

1つの例えです。

AさんとBさんが同じおいしいケーキをもっていました。

Bさんは、一人で食べてお腹一杯になりました。

「ああ、おいしかった」

ただ、それだけのことでした。

Aさんは、そのケーキを一人で食べるのではなく、友達三人に分けていっしょに食べました。

もちろん、ケーキという物質は、分けたのだから減りました。

Aさんが食べられたのは、四分の一のケーキです。

でも、精神的には豊かになりました。

友達たちは「ああ、おいしい。ありがとう」と喜んでくれました。

喜ぶ三人を見て、Aさんもハッピーになりました。

友達たちもAさんも、1つのケーキで喜びが生まれました。

Aさんにとっては、それだけで十分でした。

でも、さらに嬉しいことがあったのです。

数日後、そのうちの1人が、「たこ焼き買ってきたから食べる?」と言ってくれました。

他の1人が、「田舎から送ってきたみかん、いらない?」とみかんを分けてくれました。

別の1人が、「コンサートのチケット、あるんだけど、行かない?」と誘ってくれました。

こんなふうに、Aさんと友達のハッピーは続き、広がっていったのです。

さて、たぶんわたしたちも、心に幸せというケーキをもっています。

心の幸せは、本当の幸せです。

本当の幸せは、誰かに分けても、決して減りません。

むしろ、分ければ増えて広がっていくのです。

幸せを作ろう、分け与えよう。

幸せは分ければ増えていきます。(^.^)

作家も個人経営の仕事をしています。みんなが幸せになれる文章を書いて、分け与えていきたいと思います。

参考:浜口隆則著『戦わない経営』

当たり前のことに感謝すると幸せになるあなたが幸運になれる習慣をご紹介します。 それは感謝するということ。しかも、当たり前のことに・・・ どんなことに感謝しますか? 何...