いい習慣

夢実現の情熱を持ち続ける極意(イチロー選手、他)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

夢実現の情熱を持ち続ける極意

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

夢を実現するには、夢を持ち続けなればなりません。

夢を持ち続けるというのは、その夢のためにコツコツと努力することです。

あきらめずに10年くらいコツコツとやっていれば、たいていのことは実現するでしょう。

こんな名言もありました。

「才能とは、継続する情熱のことである」 モーパッサン(フランスの作家)

夢をあきらめずに続ければ、夢は叶います。

才能とは、その持続能力のことなのです。

では、どうすれば情熱を継続させることができるのでしょうか?

「みなさんは、情熱を継続させるためにどんな方法をとっていますか?教えてください」

というようなことをメルマガに書いたところ、早速ご投稿がありました。

おひとりだけですが、ご紹介します。

 神奈川県に住む47歳男性、Oさんの方法・・・

この方は、理想のカラダとなるために、30歳くらいから続けていることがあるそうです。

なんと・・・ほぼ一日おきに、腕立て伏せ(毎日1000回)、腹筋(毎日300回)、他にもダンベル使って筋トレ。

ランニングを毎日お昼休みに5km 。

 

これを約17年間続けているのですから、すごい。!

本当はランニングは嫌いで、やりたくないときもあるとのこと。

でも、続けているのです。

毎日・・・17年間。

さて、その方法(極意)とは、何でしょう?

ご本人いわく・・・

それは、「何も考えないこと」 だそうです。

「筋トレする前や走る前に、「いやだな~」 「辛いな~」 と考えてしまうと、どんどん気持ちが悪いほうへ進んでいってしまいます。

「出来ればやりたくない、走りたくない・・・」という気持ちが勝ってしまいます。

ですから、何も考えず、時間がきたらその行為を始める・・・簡単に言ってしまえば、それが生活の一部のように思うことです。

それが私にとっては自分の理想のカラダとなるために、 情熱をもって継続してきた私の方法です。」(Oさん47歳)

なるほど、なるほど、

「何も考えず、時間がきたらその行為を始める」

ということですね。

さて、Oさんの方法から、何かを学ぶために、彼の方法を分析して整理してみましょう。

●Oさんは、まず目標をもっています。

「自分の理想のカラダとなる」ということです。

●そのために、計画をつくっているようです。

「時間がきたら」ということは、一日のスケジュールの中で、
きちんと時間も決めているということです。

●「いやだな~」 「辛いな~」というマイナス思考にならない陥らない方法をとっています。

そのひとつは、「何も考えず」にすること。
つまり余計な雑念を振り払ってしまうことです。

もうひとつは、「時間がきたらその行為を始める」こと。

つまり、「着替える」「外にでる」「走り出す」という行為を
ともかく始めてしまう、ということです。

わたしは、Oさんのメールを読みながら、ふと、イチロー選手の言葉を思い出しました。

というか、イチロー選手のこの言葉は、仕事をしている人なら誰でも、いや学生さんでも、思い当たるところがあるのではないでしょうか。

「僕もグラウンドに行きたくない日はたくさんあります。

そのときには職業意識が出てきます。

『仕事なんだからしょうがい』と自分にいい聞かせるときもあるのです」

児玉光雄著『目標を達成するための思考法 イチロー頭脳』

イチロー選手も人間です。大好きな野球ですが、「いやだな~」 「辛いな~」と思う日はあるのです。

それでも彼は、「仕事なんだから」グラウンドに行くのです。

たいていは、他の誰よりも早くグラウンドに行って黙々と練習します。

そうすると、「やりたくない」という気持ちがスーと消えてなくなることが多いそうです。

では、イチロー選手やOさんから学べることをわたしなりに整理してみます。

目標をはっきり決める。

その目標を達成するために、いつ、何をすればいいかを決める。

でも、その何かをする時間がやってきたが、
「いやだな~」 「辛いな~」という気持ちが起こってきた。

しかし、そういうときでも、雑念を振り払って、始めてみる!

動いてみる。

いつもの練習場所(仕事場所)に行ってみる。

そして、ともかく始める!

実は、わたしも、仕事でこのような方法は、しょっちょう使っています。

「ああ、今日はちょっと気分が乗らないな~」
「それに書くこともないしな~」

というときでも、ともかくパソコンの前に座るのです。

そして、ともかくキーボードを叩く

すると、だんだん気分が乗ってきて、いつの間にか時間を忘れるくらい熱中しているものです。

誰でもそうだと思います。

目標をもって、何かをするとき、その人の胸には情熱の火が燃えています。

ときにはその火は、小さな青白い炎かもしれません。

灰を被って消えたように見える熾火(おきび)かもしれません。

小さくとも火種を消さない限り、その火は燃え続けます。

でも、何もしなれば消えてしまいます。

息を吹きかけてやれば、また炎があがります。

燃料になるものを与えれば、さらに勢いを増します。

そうやって燃え続けるることが大切です。

そうして、いつかまわりを照らす光になることも、まわりの人の心を燃やす火となることも可能でしょう。

まとめ

1.目標をはっきり決める。

2.その目標を達成するために、いつ、何をすればいいかを決める。

3.気分が乗らないときでも、ともかく、始める!

すると・・・

だんだんと情熱の火が燃え始めます。 (^.^)

出典:神奈川県Oさんのメール(47歳男性)、児玉光雄著『目標を達成するための思考法 イチロー頭脳』(東邦出版)

Oさん、ありがとうございました!
「理想のカラダとなる」ため、これからもがんばってくださーい。