いい習慣

夢を実現する方法(ゴールを明確にする)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ゴールに向かって歩む

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

夢は、叶えたいという気持ちを持ち続けることによって叶う!

では、「持ち続けるにはどうすればいいのか?」

そんな意識をもってアンテナをはっていると、関係する情報がふと目にとまるものです。

ふと伊藤 真著『続ける力 仕事や勉強で成功する王道』という本を見つけました。

よい本でした。

著者の伊藤 真さんは弁護士で、司法試験合格者の高い合格率を誇る伊藤塾の塾長として、多くの弁護士を育てている方です。

今日は、この本に書かれていた感動的な話をご紹介します。

その伊藤塾での教え子に、17年間の勉強期間を経て、司法試験に合格した女性がいるそうです。

彼女は、マザー・テレサの本を読んで感動し、なんとマザー・テレサに会いにインドまで行きました。

幸いマザー・テレサに会うことができました。

「自分は弁護士になろうと思っているんです」と打ち明けると、マザー・テレサから「ぜひ、いい弁護士になってください」と言われたそうです。

弁護士になるには最も難関な国家試験にパスしなくてはなりません。

受験を思い立ったとき、彼女は家庭があり、子どももいました。

受験勉強をするには、有利な状況とは言えません。

それに年齢を30歳を過ぎていたのです。

それでも、マザー・テレサの一言を思い出し、「自分は弁護士となって弱い人のために働きたい」という情熱を持ち、17年間、彼女はコツコツと勉強を続けました。

そして、50歳になる少し前に、ついに合格を果たしたのです。

世の中に司法試験に挑戦する人はたくさんいます。

しかし、17年間、コツコツと勉強を続けている人は少ないでしょう。

彼女を動かしてきた力が、「自分は弁護士となって弱い人のために働きたい」という願いがあったこと。

その心の根っこには、「マザー・テレサのように生きたい」という思いがあったことに、わたしは感動を覚えました。

ところで、著者の伊藤 真さんは、『夢をかなえる勉強法』という本の中でも、はじめにゴール(目標)を明確にすることの大切さを力説されています。

確かにゴール(目標)を明確にイメージできれば、モチベーションは上がります。

情熱も維持しやすい。努力を続けることができます。

登山でも、最初に山の頂をしっかり見ていれば登るときの励みになります。

「自分はあそこまで登るんだ。あの頂に立つんだ」

という目標が明確にあれば、途中、山道が険しくなったときでも、森に隠れて目指す山頂が見えなくなったときでも、登り続けることをあきらめないでしょう。

先の女性も、実際にマザー・テレサに会いに行き、マザー・テレサと言葉を交わすことで、ゴール(目標)をより明確にすることができました。

「弁護士となる」だけではなく、「弁護士となって弱い人のために働きたい」という目標です。

もしも、ただ単に「弁護士となる」だけであれば、子どもがいる家庭の主婦が17年間試験勉強を続けることはできなかったかもしれません。

わたしたちも、このやり方から学ぶことができるのではないでしょう。

ゴール(目標)を明確にすることで、歩むべき方向がわかります。

一歩一歩、歩んでいくことで、少しずつ少しずつ夢や目標に近づいていけます。

速くなくても、効率がよくなくても、歩みをやめければ前に進めます。

そして、ゴール(目標)に向かって歩み続けることで、わたしたちの夢や目標はきっと達成できるのです。

ゴール(目標)を明確にして歩み続けよう。

一歩一歩、歩んでいけばゴールに着きます。(^.^)

出典:伊藤 真著『続ける力 仕事や勉強で成功する王道』(幻冬舎)『夢をかなえる勉強法』(サンマーク出版)

特に試験を受けるつもりのない私にも有益な本でした。

●天才棋士といわれる羽生義治さんの言葉も紹介されていました。

「以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。直感でどういう手が浮かぶとか、ある手をぱっと切り捨てることができるとか、確かに個人の能力に差がある。しかし、そういうことより、継続できる情熱を持てる人のほうが、長い目で見ると伸びるのだ。」羽生義治著『決断力』