いい言葉

子どもたちにも伝えたいイチローの名言

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

イチローの名言に学ぶ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

先日、現役を引退したイチローは、偉大な野球選手でした。

彼のプレーはもちろん、彼が語った言葉も多くの人に勇気や力を与えてきました。

そのうちのいくつかをご紹介します。

「僕が君たちに言えることはひとつだけだ。それは、目標をもつこと。
目標をもつことで、君たちが望むことのほとんどは可能になるはずです」

これは、イチロー選手が大リーグ1年目にシアトルの小学校に招かれたときに、子どもたちに語った言葉です。

イチロー選手は、小学生のときから夢をもっていました。小学6年生のときの「夢」というタイトルの作文には、
「ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです」と書いています。

野球の練習は3歳のときから始めています。

小学3年生からは、チームでの練習が終わったあと、バッティングセンターに通って練習をしました。

ほとんど毎日です。それを4年間続けました。

イチロー選手は天才だと言われますが、夢をかなえるために目標をもち、努力をつみかさねていったのです。

「僕がこちらに来て思うのは、体がでかいことに、それほど意味がないということ。大リーグでは、ぼくは一番小さい方だけど、こういう記録ができた。

日本の子どもにも、アメリカの子どもにも言えると思うけど、大切なのは、自分の持っているものを生かすこと。

そう考えられるようになると、可能性が広がっていく。」

イチロー選手は、日本で7年連続首位打者、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得しました。

その後、アメリカ大リーグに挑戦し、一年目から大活躍。打つこと、守ること、走ること、すべてにおいて、ファンを魅了してきました。

2004年には、年間262安打を打ち84年間破られることのなかった大リーグ記録を更新しました。

また、史上はじめて10年連続で年間200安打を放つなど、多数の記録を持っています。

イチロー選手は、体は小さくても、自分の技と力を磨き高めるために、人一倍練習をしてきました。

単調で同じような練習でも、自分で考え、コツコツと楽しんでできるように工夫しています。

「夢をつかむことというのは、一気にはできません。ちいさなことをつみかさねることで、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます」(2004年12月24日、日本の野球少年に向けての言葉)

また、

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただ一つの道」

とも言っています。

この言葉に、どれだけ多くの人が励まさせてきたでしょう。

わたしもその一人です。

わたしたちも自分の持っているものを生かし、小さな努力や工夫をしていくことで、とんでもないところに行けます。

自分の可能性を大きく広げていけるのです。

小さなことを積み重ねて夢を実現しよう。

歩み続ければ、とんでもないところまで行けます。(^.^)

【出典】冒頭の言葉は、テレビニュースから。後の言葉は、
「夢をつかむイチローの262のメッセージ」編集委員会著『夢をつかむイチローの262のメッセージ』(ぴあ株式会社)より。