いい話

願いを言葉にして繰り返せば自分が変わっていく

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「~したい」「~になりたい」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

北海道帯広の特別少年院の女性法務教官Kさんのお話です。

Kさんは、16年間、少年院でカウンセラーしている方で、仕事の大半は少年たちの話を聴くことです。

「何回もヤクをやめようと思ったけど、どうしても止められない。自分はもうダメなんだ」

覚醒剤で何度も少年院を体験してきた19歳の少年が首をうなだれて何度も同じ言葉を繰り返します。

彼は自分はこの少年院を出たら、またダメになってしまう。
自分はダメな人間なんだということを何度も訴えるのです。

しかし、少年がふと漏らした本音がありました。

「先生、本当は自分は普通の生活がしたいだ」

Kさんは、この言葉に希望を見出し、すかさず少年にすすめます。

「じゃあ、『普通の生活がしたい』『普通の生活がしたい』と常に心の中で念ずるか、言葉に出して何回も何回も言いなさい

「先生、ダメなんだ。ここを出たらまた繰り返してヤクをやるよ。
普通の生活はできないし、その生活がどんなものかもわからない」

「わからなくてもいいの。機械的でいいから、『普通の生活がしたい』って何回も絶えず言い続けなさい

少年はその言葉に従いました。

すると、次第に変わっていったのです。

Kさんとのカウンセリングのとき、覚醒剤の話を一切しなくなったのです。

「どうしたの?この頃、覚醒剤の話をしないけれど」

「先生、そんなこと考えてるヒマないよ。ここを出たら、やりたいことが一杯あるんだ」

目を輝かせてそう言うのです。

そうして、少年の院内生活は模範的になり、1年あまりで出院できました。

最後のカウセリングで、少年は言いました。

「先生、自分は先生から言われたとおりやってよかった。だから、今度もし覚醒剤で入ってくる人がいたら、同じように言ってあげてください」

これは、Kさん自身が日々行っている方法です。

自分の願いを言葉にする。

それはKさんにとって祈りなのです。

彼女は、毎朝、少年院の建物がある場所より、いくつか前のバス停で降りる習慣がありました。

そして、少年院までの道のりを20分から30分ほどでしょうか、歩きながら、毎朝、少年たちのために祈りを唱えていたのです。

Kさんは、以後も、カウセリングを通して、少年たちに願いの言葉を祈りにするすべを伝えてきました。

少年たちは、少年院に来るまでの様々な社会現象に巻き込まれ、傷つき、人間不信に陥っています。

「親が許せない」「母親が憎い」・・・

そういう負の感情でいっぱいです。

Kさんはそんな少年たちに勧めます。

『許せるようになりたい』と口ぐせのように繰り返しなさい

すると、これも効果てきめんでした。

何回目からのカウセリングで、「先生、許せるようになった」と輝いた顔を見せるようになります。

少年たちは心が負の状態から解放され、人間的に成長していくようになるのです。

「~したい」「~になりたい」

これらは希望のある前向きな言葉です。

このような前向きな言葉を繰り返すと、人は前向きな気持ちや行動に変わっていくのです。

あなたも、

「~したい」「~になりたい」

と何度も繰り返してみてください。

潜在意識が変わり、心が変わります。

行動が変わり、習慣が変わります。

運命が変わり、人生が変わります。

「~したい」「~になりたい」

これらは祈りの言葉にもなりえます。

祈りはきっと恵みをもたらします。

自分の願いを言葉にして繰り返そう。

口ぐせにすれば自分が変わっていきます。(^.^)

【出典】月刊誌「聖母の騎士」1993年2月号より