いい考え方

「ツキを呼ぶ方法」 ほめる!

「ツキを呼ぶ方法」をご紹介します。

ご紹介する北原 照久さんは、ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として世界的に知られている人です。

北原 照久さんが立ち直ったきっかけ

1986年4月、横浜山手に、1500万円の借金をして、「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。

その博物館は大成功して、現在、7カ所でコレクションを常設展示中。

テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演。
CM、各地での講演会、トークショー等でも活躍中です。

すごい人だなあと思います。

私がすごいと思うのは、北原さんが劣等生から自分の夢を叶えたということです。

北原さんは、ご自分の著書に書かれていますが、小・中学校時代はどん底だったそうです。

小学校の成績は、体育以外はすべてオール1。

もちろんクラスで一番ビリ。

4人兄弟の末っ子の北原さんは、優秀な兄姉と比べられていつも劣等感に悩んでいました。

中学校でも、テストは白紙で提出。

サボりを覚え、始末書を書かされ、最後は退学になりました。

そんな北原さんが立ち直ることができたのは、ふたりの人から「ほめられた」ことがきっかけでした。

ほめてくれたふたりの恩人

そのふたりとは、お母さんと高校のときの恩師です。

まずは、お母さん。

退学を言い渡されたとき、ひどく怒られるだろうと思って家に帰ると、お母さんがこう言ってくれたのです。

「お前の人生はこれで終わったわけじゃない。これからの人生のほうが何倍も長いんだよ。めげることはない」

さらに、ニコッと笑って、こうほめました。

「それにお前はたばこを吸わない。いいところがあるよ」

この言葉は、絶望の淵にいた北原さんにとって涙がでるくらい嬉しかったそうです。

もう一人、高校1年生のときの担任の先生。

何かの拍子にテストで60点をとったときに、担任の沢辺先生が、

「北原、おまえやればできるじゃないか。すごいな!すごいな!」

と猛烈にほめてくれたのです。

北原さんにとって、先生にほめられるなんて、ほとんど記憶にない、ほぼ初めてのことです。

すごく嬉しくて、「じゃあ、もっとがんばろう」とその夜から猛然と勉強を始めるようになりました。

ビリで入学したはずの北原さんですが、次第に成績は上がってきて、卒業するときは、なんと総代になっていました。

こうして、恩師のほめ言葉をきっかけに、「やればできる」という信念を、
北原さんは高校時代に身をもって学んだのです。

そんな北原さんは、『ぼく流のツキの10箇条』のひとつに「人はほめる」とあげています。

確かにそうです。

人からほめられると、うれしい。
自信がもて、やる気になれます。

子どもでも大人でも、ほめられた人をプラスの気持ちにさせます。

ですから、「人をほめる」人は、言葉で、まわりの人にプラスの要素を与えているわけですね。

そのように、「人をほめる」人は、人を幸せに導くことができます。

ですから、その人自身も、好意をもたれ、感謝されます。

そうして、まわり人とのいい人間関係をつくれます。

そして、互いにハッピーな生活を送れるようになるのです。

 小さなことでいいから、ほめよう。

将来につながる幸せが訪れます。  (^.^)

【出典】北原 照久著『夢はかなう きっとかなう』(一季出版 )『ぼく流のツキの10箇条』(青山書籍) とてもいい本ですよ。