いい言葉

ピンチを「おもしろい」と受けとめる前向き思考

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「おもしろい」と受けとめる

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『モタさんの10倍ツキを呼ぶ50の言葉』を読みました。

モタさんとは、精神科医で作家の斎藤茂太さんです。

●「人は希望ある限り若く 失望とともに老い朽ちる」 サミュエル・ウルマン(詩人)

など、有名な言葉もありましたが、知らない言葉もありました。

たとえば、次の言葉は初めて目にしました。

●「たとい雨降、雪降ともおもしろかるべし 童心のときは雪遊びをせしものと思い出すべし」 鈴木正三

鈴木正三氏とは、江戸時代の禅僧だそうです。

鈴木正三さんがおっしゃるように、幼い子どもは、急な雨でも雪でも喜びます。

ピッチピッチ♪ チャップチャップ♪ ランランラン♪

服がぬれるのを気にせず、雨の中でも遊んでいることがあります。

雪が珍しい地方では、雪合戦をしたり、雪の中を走り回ったりして遊びます。

子どもにとっては、雨や雪は「おもしろい」ものなのです。

しかし、雨や雪を「おもしろい」と感じるのは、子どもだけの特権ではありません。

ちゃんとした大人もまた、子どもの「おもしろい」とは違った感性で雨や雪を「おもしろい」と感じる人がいます。

ご存じかと思いますが、雨や雪を見て、次のような名句・名歌をつくった人もいますよね。

・五月雨(さみだれ)を集めてはやし最上(もがみ)川  松尾芭蕉

・五月雨(さみだれ)や大河(たいが)を前に家二軒  与謝蕪村

・田子(たご)の浦ゆ うちいでて見れば真白(ましろ)にぞ
富士の高嶺(たかね)に 雪は降りける    山部赤人

こんな素晴らしい俳句や短歌をつくる人、それを詠んでいいなあと思う人も、雨や雪に特別な趣きを感じられる人でしょう。

ところで、

「たとい雨降、雪降ともおもしろかるべし」

という言葉は、お坊さんがわざわざ残しているくらいですから、ただ雨や雪などの自然現象に限定しているのではありません。

人的現象・社会現象も含めて、自分に降りかかるもの、すべてを示す言葉だと解釈できるでしょう。

自分の人生に降りかかる思いもかけぬ出来事を「つらい」とするより、「おもしろい」と感じよう、

「肯定的に受けとめよう」ということなのだと思います。

誰の人生にも雨の日もあれば、雪の日もあります。

「肯定的に受けとめよう」と言っても難しいときがありますね。

そんなときは、次のような言葉を口に出すのもいいようです。

「いい経験ができて、よかったなあ」

「ピンチのときは、おもしろいぞ」

「ピンチピンチ♪ チャンスチャンス♪ ランランラン♪」

雨や雪の降る人生が、きっと面白く楽しくなります。

雨や雪のおかげで・・・

自分に降りかかるものを「おもしろい」と受けとめよう。

楽しいものに、また1つ出会えます。 (^.^)

【出典】斎藤茂太著 『モタさんの10倍ツキを呼ぶ50の言葉』(三笠書房)