いい言葉

失敗の連続で落ち込んでいる人に 読んでほしい広告文

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

失敗の連続で落ち込んでいる人に
読んでほしい広告文

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はじめてのことにチャレンジするとき、人は失敗するものです。

難しいことにチャレンジするとき、何度か失敗を繰り返すものです。

そんな経験が誰にでもあるのではないでしょうか。

ずいぶん前ですが、アメリカで次のような企業広告が出され、大反響を呼びました。

君は、これまでなんども失敗した。

おぼえてはいないかもしれないが。

はじめて歩こうとしたとき、
君は転んでしまった。

はじめて泳ごうとしたとき、
君は溺れそうになってしまった。

そうだろう。

デパートの創業者は7回失敗し、
8回目で成功した。

564冊の本を出版したイギリスの小説家は、
その前に753通の断り状を受け取った。

714本のホームランを打った男ベーブ・ルースは
1333回、三振をした。」

 

ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーション著
『アメリカの心―全米を動かした75のメッセージ 』

この広告は、

成功者はこれまで何度も失敗した。

でも、あきらめなかったから成功した。

ということを言いたいのですね。

だから、

君もあきらめてはいけない。

と・・・

わたしたちも、そうです。

何かに成功するまで、たぶん失敗しました。

はじめて、文字を書くときも・・・

はじめて、泳ぐときも・・・

はじめて、自転車に乗る時も・・・

そうだったと思います。

でも、あきらめずにチャレンジしたから成功したのです。

そして、それがいつしか当たり前のようにできるようになったのです。

いま、あなたが当たり前のようにできていることは、あなたがチャレンジして失敗して失敗して失敗してやっと成功したことでした。

これからもそうでしょう。

いま難しいと思っていることも、

何度か失敗をしていることも、

チャレンジし続ければ、いずれ成功します。

「成功」が「当たり前」になります。

チャレンジし続けよう。

失敗しても成功が近づいてきます。(^.^)

【出典】ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーション著
『アメリカの心―全米を動かした75のメッセージ 』(学生社)