いい本

「うんとこしょ どっこいしょ」を楽しむ絵本『おおきなかぶ』

★☆★☆★☆★☆★

うんとこしょ
どっこいしょ

★☆★☆★☆★☆★

絵本『おおきなかぶ』A・トルストイ 再話、内田莉莎子 訳、をふと読み直しました。(これで100回目くらいかな)

ストーリはご存じだと思いますが、大きなかぶをみんなで協力して引っこ抜く、というロシア民話です。

最初おじいさんだけで抜こうとしますが、どうしてもダメ。

おばあさんに助けてもらうのですが、それでもダメ。

孫娘を呼んできて、3人で

「うんとこしょ
 どっこいしょ」

とひっぱるのですが、それでもダメ。

いぬ、ねこ、ねずみまで協力して、やっと抜けるという、めでたいお話です。

このお話は、小学1年生の教科書に載っていたので、教師の頃、1年生といっしょに勉強したものです。

音読させたり、劇化したりしました。(かぶの役もしました)

「うんとこしょ
 どっこいしょ

それでも、かぶはぬけません。

この繰り返しが、リズミカルで、とても楽しいものでした。

ねずみが ねこを ひっぱって、

ねこが いぬを ひっぱって、

いぬが まごを ひっぱって、

まごが おばあさんを ひっぱって、

おばあさんが おじいさんを ひっぱって、

おじいさんが かぶを ひっぱって……

うんとこしょ
どっこいしょ

やっと、かぶは ぬけました。

抜けた途端、みんな、尻もちをつきながら、床をころがりながら、喜び合ったものです。(1年生ですから・・・)

この物語が、いっそうユーモラスなのは、ふだんは協力しあうはずのない、ねことねずみまでが

「うんとこしょ
 どっこいしょ」

と声を合わせ力を出し合ってやっていること。

しかも、そのねずみのおかげで、最後にはかぶが抜けること。

ねずみがいない時には みんなでどんなに頑張っても抜けなかったかぶが、
小さなねずみが、一匹加わることでやっとぬけるのです。

なんともユーモラスで、そして教訓的ですね。

小さな自分の力でも、誰かの役に立てるだと希望がもて、うれしくもなります。

さて、この大きなかぶを抜くという仕事は、私たちがするほとんどの仕事と同じだと私は考えます。

自分ひとりで、できる仕事なんて、まずありませんよね。

たとえば、本を出版する仕事もそうです。

原稿を書くのも、取材で多くの人の協力が必要です。

それを本にするには、編集者さん、校正者さん、デザイナーさん、印刷製本業者さんなど、さまざまな人の手をかりなくてなりません。

できた本を流通するには、運搬業者さん、取次業者さん、書店さんなどの力がどうしても必要です。

そしてやっと、本が読者さんの手元に届きます。

私は読者さんの手元に届けるまでが、出版の仕事と考えているので、これがゴールです。

その間、誰かが欠ければ、この仕事は完成しないでしょう。

ですから、一人ではとてもできない仕事なのです。

(皆様、本当にいつもありがとうございます)

もちろん出版物だけではありません。

わたしたちの身のまわりにある物、仕事の結果、生み出された物は、ほとんどそうではないでしょうか。

たとえば朝、当たり前のように食べられるパン、牛乳、バター、コーヒー、ヨーグルト、果物など。

自分が作ったわけではありません。

誰かが作ってくれて、誰かが運んでくれて、誰かが売ってくれたから

いま食卓にあるんですね。

お前、このうちの一つでも自分一人で作ってみろと言われたら、
お前、このバナナ、今度から産地に行って買って来いと言われたら、
お前、気にいならいから売ってやらないと言われたら、

「えー、冗談でしょ、勘弁してよ」

と笑うしかありません。

こんなふうに、わたしたちの身のまわりにあるもののほとんどは、自分だけでは手に入らないものです。

自分のかわりに

誰かが作ってくれたもの
誰かが運んでくれたもの
誰かが売ってくれたもの、です。

いわば、たくさんの人の

「うんとこしょ
 どっこいしょ」

の賜物です。

そう考えて、物をながめてみると、

ひとつひとつに誰かの思いが感じられるかもしれません。

ひとつひとつが、有難い有難いものに思えてくるかもしれません。

まわりの「うんとこしょ どっこいしょ」に気づこう。

きっと感謝の気持ちがわいてきます。(^.^)

【出典】『おおきなかぶ』A・トルストイ 再話、内田莉莎子 訳