いい考え方

前向きになる考え方「ない」から「ある」へ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「ない」から「ある」へ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★

恒吉彩矢子著『「なかなか前向きになれない」と思ったときに読む本』からご紹介します。

この本は、「なかなか前向きになれないなあ」と思っている人が、読むと、元気になれる本です。

恒吉さんは言われます。

 「人の心というのは、『あるポイント』を押さえると、一瞬で気分を変えることができるのです」

そのポイントとは・・・

 「ない」から「ある」に目を向けることです。

なるほど! このことは、私にも良くわかります。

いろいろな人と仕事で接していると、

「ああ、この人はまわりの人から好かれる人だろうな」

「仕事がうまくいく人だろうな」

「いいことが起こる人、ラッキーな人だろうな」

と思える人がいます。

そういう人は、恒吉さんが言われるように、「ない」から「ある」に目が向いている人です。

わたしはそういう人は、自分の著者のなかで、ラッキーさんだと言っています。

ラッキーさんは、感謝の心が豊かです。

ラッキーさんは、自分がもた「ない」ものに対して、不平不満をほとんど口にしません。

逆に、いまわずかな「ある」ものに対して有難いと思い、自分は恵まれているのだと思っています。

だって、ほとんどのものは、無償でいただいたものですからね。

ラッキーさんは人の悪口も言わないし、よく感謝してくれます。

そのため、ラッキーさんは、人から好かれるし、まわりの人は助けてあげたくなるので、仕事はうまくいくのです。

それに、ラッキーさんは、「ない」ことを言い訳にしないで、前向きにチャレンジできます。

お金がなくても、時間がなくても、コネがなくてもそれを言い訳にせずに、「チャンスがある!」と思ったら、ともかく、前向きにチャレンジします。

ですから、ラッキーさんは、「ない」が多くても、やる気は「ある」のです。

そういえば、わたしも『元気でる魔法の口ぐせ』に書いていましたよ。

★「ない」より「ある」★

自分にないものを気にするよりも、
自分にあるものが何かを考えてみましょう。

才能はない、
けれど、好きだという気持ちがある。

お金がない、
けれど誰にも束縛されない自由がある

コネはない、
けれど時間は1日24時間もある

ものごとをはじめるのに、
「才能」も「お金」も「コネ」もいりません。

いま、あるものだけで十分です。

一番大切なのは、やる気があること。
やる気があれば、あとはなんとかなるものです。

というわけで・・・

「ない」より「ある」でいこう!

いま、いただいているものに感謝しながら・・・ (^.^)

【出典】
恒吉彩矢子著『「なかなか前向きになれない」と思ったときに読む本』(中経出版社) 拙著『元気がでる魔法の口ぐせ』 (PHP研究所)