いい考え方

「ある」ものを数えると喜びがある

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「ある」ものを数える

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

不満を口にする人は、たいてい「ない、ない、ない」と言います。

「時間がない」「お金がない」「才能がない」「もう若くない」「やる気がない」「自分は悪くない」・・・

たぶんこういう人は、自分には「運がない」とも言っているでしょう。

それに対して、「ある」ものを数えようとする人がいます。

今日は、普通の人より「ない」状態にありながら、「ある」ものを数えた人の話です。

三重苦のへレン・ケラーが「私より不幸な、そして偉大な人」と語ったと伝えられる人をご存じでしょうか?

日本のへレン・ケラーとも言われた中村久子さんという人です。

久子さんは、明治時代、岐阜の貧しい田舎で生を受け、3歳のときに、「脱疽」のため両手両足を切断するという悲運に見舞われました。

7歳の時父を亡くし、10歳の時弟と生別、母の再婚など苦労の生活が続きました。

食べるものにもこと欠く貧しさのなかで、いずれ一人で生きていかねばなりません。

そのため、手足のない体で文字を書き、縫い物、編み物をこなすことを懸命の努力を重ねて修得していきます。

口に針をくわえて、その口で糸を通す。
糸をつけた針で、布を時間をかけて縫いあげていく。

生きていくために、そうせざるを得なかったとはいえ、想像を絶する努力の積み重ねだったでしょう。

その後、19歳のとき、娘盛りの久子さんは、見世物小屋に身売りし「だるま娘」として、人の目にさらされる生活を送ることになります。

そんな生活を送る中、1937年、41歳の時に、東京日比谷公会堂でヘレンケラーと出会います。

その時、久子さんは、口で作った日本人形を贈りました。

ヘレンケラーは「私より不幸な、そして偉大な人」と言いながら、久子さんをいつもでも抱きしめたといいます。

久子さんは50歳頃から、執筆活動・講演活動・各施設の慰問活動を始め、全国の健常者・身障者に大きな生きる力と光を与えました。

65歳の時、厚生大臣賞を受賞。72歳で亡くなりました。

久子さんは手足のない状態というのは、泥のような状態だと考えていたそうです。

しかし、晩年にはこう語っています。

「泥は“悪”だとばかり思っていたが、そうではなかった。泥があるおかげで、自分は蓮のように花開くことができたのだ」

そう、久子さんの人生は、みごとに花開いたのです!

また、久子さんは、晩年の自分の心境を「ある ある ある」という詩に託して表現しています。

それは自分の自分の日常生活をかえりみて、ごくささやかなことを喜んでいる詩です。

良人がいる

娘がいる

短いけれど、
なんでもしてくれる手がある

ある ある ある

みんな ある

さわやかな秋の朝(も ある)

このように久子さんは、その一つ一つを喜び、感謝しているのです。

わたしも、見習って自分にあるものを数えてみます。

ある ある ある

今日も、食べるものがある

今日も、着るものがある

今日も、寝るところがある

今日も、一日という時間がある

今日も、この命がある

今日も、地球があって太陽がある

ある、ある、ある

まだ、まだ、ある

今日も、きっと誰かの笑顔に出会えるのである

あるものを数えると、わたしたちも、なんて恵まれているんだろうという感謝の気持ちがわいてきます。

自分に恵まれているものを1つ1つ見つけよう。

これもある、あれもある、いっぱいある、まだまだある。(^.^)

【出典】中村久子著『こころの手足―中村久子自伝』(春秋社)