いい話

ダメな人はいない。「ひび割れつぼ」の話(インドの寓話)

インドの寓話で、とてもいい話を見つけました。

自分がダメだと思っている人に読んでほしい、あげて教えてあげてほしい話です。要約してご紹介します。

「ひび割れつぼ」の話

インドのある水運び人は2つのつぼをもっていました。

その2つを天秤棒の左右につけて肩にかけ、ご主人のために毎日水を運んでいました。

片方のつぼには、ひび割れがあったので、いつも水が半分こぼれていました。

もう片方のつぼは完璧で、自分は役目を十分果たしていると満足していました。

ひび割れつぼは、自分のひび割れを情けなく思い、いつもみじめな気持ちになりました。

2年が経ち、ひび割れつぼは、とうとう水運び人に言いました。

「私は自分が恥ずかしい。私にはひび割れがあって毎日水が半分こぼれ、あなたの役に半分しかたっていない。それがとても辛いんです」

それを聞いて水運び人は、ひび割れツボに優しく言いました。

「今度歩く時に、道端の花をよく見てごらん」

そう言われて、次の日、ひび割れつぼは、毎日通る道に美しい花が
咲いていることに気づきました。

美しい花を見て、少し元気になった気がしましたが、ご主人の家に着いたときには、やはり水は半分しか残っていませんでした。

「やはり私は役に立たないつぼだ。ごめんなさい」

すると水運び人はこう言ったのです。

「気がつかなかったかい?
道端の花は君の側にしか咲いていなかっただろう。

僕は君のひび割れを知ってから、
君の通る道に花の種をまいておいたんだ。

毎日そこを通るたびに君は種に水をやり、花を育ててきたんだよ。

僕は毎日その花を切り、ご主人の食卓に飾ってきた。

君のおかげでご主人は、きれいな花を眺めながら食事を楽しむことができるんだよ」

そのままの自分でいい

この話は、子どもを育てるとき、人と接するとき、また自分をみつめるときにも、いろいろなことを私たちに教えてくれるのではないでしょうか。

たぶん私たちはみなそれぞれが、ユニークなひび割れをもっています。

ひび割れを見つけたとき、私たちができること、それは、ひび割れを責めることではありません。

恥じることでもありません。

ひび割れをふさいでしまうこともできるでしょうが、もっといいのは、そのひび割れを活かすことではないでしょうか。

この水運び人は、ひび割れつぼが水をこぼすのを責めませんでした。

「君はダメだな。僕がこんなにがんばっているのに、僕の努力をムダにしているじゃないか」

などと言わなかったのです。

そもそも「君はダメだ」と考えなかったのでしょう。

彼は、そのままのひび割れつぼを受け入れて、どうすればその個性を活かすことができるか、考えたのです。

そして、花の種をまいたんですね。

すると、ひび割れつぼは、毎日、その種に水をやって、きれいな花を咲かせ、ご主人を喜ばせることができました。

わたしたちもみな、ひび割れつぼです。

そのままのわたしたちで、道に花を咲かせ、人を喜ばせることのできることができるのです。

自分のあるがままを受け入れ活かそう。

そのままの自分でできることがあるのです。(^.^)

ダメなときほど運はたまる(萩本欽一)タレントの欽ちゃん(萩本欽一さん)は、子どものころ、家庭がとても貧しかったそうです。 たとえば、家に借金取りが毎晩やってきて、お母さん...