あなたへ

「よし!がんばろう!」を続ける、私の方法

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「よし!がんばろう!」を続ける

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

先日、講演をした後、次のようなご質問がありました。

「いいお話を聞いた後などは、がんばろうと思えるのですが、長続きしなくて・・・どうしたらいいんでしょうか?」

普通のお母さんのご質問です。

▼実は、私もそうです。

私も何かを続けるのは、苦手なのです。

でも苦手な人でも、ちょっと工夫すれば続けられます。

私がおこなっていて効果的だと思うのは、『ラッキー!』にも書いていることです。

1つ目は、夢(目標)を明確して紙に書くこと。

2つ目は、それを毎日見ること。

3つ目は、その日の目標が達成できたかどうかをチェックし、ビジュアル化することです。

3について、もうすこし具体的に説明しましょう。

たとえば、その日の目標ができたらをつけるなどする。

これは、自分にとっては小さな成功です。

ほんのささやかな成功ですが、ちょっとうれしい。

すると、「また明日、がんばろう」という意欲につながります。

 

あと一つは、誰かに励ましてもらうことです。

誰かの応援があれば、ふつう力が出てきますよね。

特に疲れているときは・・・

ただし、まわりの人は、自分の都合よく、応援してくれるものではありません。

▼そこで、私は、本を読んで、古今東西の色々な人たちの「言葉」に、自分を応援してもらっているのです。

●たとえば・・・進むべき道に壁や障害を感じたとき・・・

壁というのは、
できる人にしかやってこない。

超えられる可能性のある人にしか
やってこない。

だから、
壁があるときは、
チャンスと思っている。

イチロー

●たとえば・・・ちょっと気持ちが挫けそうなとき・・・

あきらめないで夢のために努力すれば、
必ずいつか道が開けるものよ。

自分を不幸だと思ったら、
そのときから不幸になるんだから。

魂のピアニスト、フジコ・へミング

●たとえば・・・自分への雨風が厳しいとき・・・

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

(中略)

サウイフモノニ

ワタシハナリタイ

宮澤賢治

▼炎は小枝や薪をくべることで、燃え続けます。

いい言葉は心の炎を燃やし続ける燃料です。

いい言葉をいっぱい読めば、「よし!がんばろう!」が続けられますよ。

このブログやメルマガ「心の糧・きっとよくなる!いい言葉」があなたの夢を応援できるものでありますように・・・。