いい習慣

自分のためにも絵本を読んでみませんか?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

絵本は素敵なセラピスト

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

▼子どものための絵本なのに、大人が読んでも感動するものがあります。

私は講演のときに、絵本を読み聞かせをさせていただくことがあります。

その前に、次のようなことを言うことがあります。

 「本を読むことは、人を成長させます。そして、いい本を読めば人を幸せに導きます。
まだ本が読めない子どもには、大人が絵本を読んであげるといいですよ。

子どもは読み聞かせが大好きです。
読み聞かせをするとき、親子はともに同じ時間を生きることができます。

このとき、子どもは親の愛情を感じることができるんです。
読み聞かせっていいものですよ。

では、読み聞かせの良さを味わっていただくために、今日は私が皆さんに読み聞かせをさせていただきましょう。」

▼そんなことを言って、読み聞かせを聞いていただくわけです。

その絵本に感動して、中には泣かれる方もいらっしゃいます。

なぜ泣かれるのでしょう。
その絵本に、人を感動させる力があるからだと思います。

絵本には人の心を素直にし、心を揺さぶる力が確かにあるのです。
私は絵本を読む度に、そう感じます。

▼そんな絵本の魅力を使って、大人を対象にして「絵本セラピー」を展開していらっしゃる方がいます。絵本セラピストの岡田達信さん。

岡田さんは、お子さんのために絵本を読み聞かせたことがきっかけで、次第に絵本の魅力に夢中になります。

当時、大企業で人材教育に取り組んでいらっしゃた岡田さんは、心理カウンセリングなど専門知識の習得にも努め、絵本を使ったプログラムとして「絵本セラピー」を考案。

2009年 絵本セラピスト協会設立し、「大人のための絵本セラピー」普及活動を全国で展開中です。

▼岡田さんは、以前、私の講演会に来てくださったことがあります。

お会いしたことはありませんでしたし、お顔も知りませんでしたが、事前に、「参加します」というメールをいただいていました。

会場には300人くらいの方がいましたが、「あの人、すごく一所懸命、楽しそうに話を聴いてくれているなあ」という人がいらっしゃいました。その人が、岡田達信さんでした。

たぶん岡田さんは絵本を読むときも、自分で働きかけながら読まれているのです。

▼絵本は、子どもだけのものではないと私も考えています。

大人が読んでも、何かを気づかせてくれます。
大人が読んでも、心を動かされます。
あるときは癒され、あるときは元気づけられます。

▼岡田さんは、おっしゃいます。

「絵本は何も押しつけない。
絵本が何かを教えてくれるわけではない。

だけど絵本は素敵なセラピストなのかもしれない。

いつでもそばに寄り添って、自分で気づくまで黙って話を聞いてくれる」

そうかもしれません。
きっとそうです。

自分が気に入った絵本は、自分にぴったりのセラピスト。
だから、あなたの心をやさしく癒し、元気づけることができるのです。

自分のためにも絵本をじっくり読もう。

心がおだやかになり、元気になります。(^.^)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【出典】岡田達信 著『大人のための絵本セラピー 絵本はこころの処方箋』
この本は、絵本セラピー誕生の経緯を5冊の絵本を通して紹介。さらに、紙上での絵本セラピーが体験でき、岡田さんが選んだ50冊の絵本が「心のくすり箱」として収録されています。著者のお人柄同様に、やさしさにあふれた本ですよ。