いい考え方

いい言葉を食べて、いい言葉を使う(松居直)

 

「子どもは、言葉を食べます。血肉とします。」松居直(児童文学者)

松居直さんの講演メモを発見

▼昔のファイルをパラパラとながめていたら、児童文学者の松居直さん(福音館書店の編集長・社長を経て相談役)が長崎で講演されたときに取ったメモが出てきました。

平成15年4月26日(土)「ながさきおはなしフェスティバル」のなかでの講演「絵本を読む」です。

すごく面白くて心に残るお話でした。

絵本にご興味のない方にも、きっと何かお役に立つと思いますので、一部をご紹介します。

(前向きな人は、どんなことからも学べるので・・・)

(  )内は私のコメントです。

講演「絵本を読む」

出版の仕事は、本を出せば終わりではありません。

読者の皆様が本を読んでくださっても終わりではありません。

読者の皆様が喜んでくださって終わります。

出版の仕事は読者の喜びによって完結するのです。

(私もそう思います!)

福音館書店の編集の第1の方針は、絵本は子どもに読ませるものではない、ということです。

実は、絵本は大人が子どもに読んで聞かせるものなのです。
そう考えてこれまで50年絵本を創ってきました。

(これにはびっくり!)

読み聞かせをしているとき、親子はともにいる。同じ喜びを共有する、分かち合います。

なぜ、私が子どもの本の編集に携わるようになったか。

それは私が幼児の頃、母親との楽しい思い出があるからです。

私は6人兄弟の5番目、母は朝から晩まで忙しく働いています。

そんな母が夜寝る前に、ふとんの中で絵本を読んでくれました。

それは、私にとって、母と共にいることのできる、母の愛情を感じることのできる、一番楽しい時間だったのです。

でも、先に寝るのはいつも母でした。(笑)

(この貴重な楽しい子どもの頃の経験が、松居さんの出版のお仕事の原点であり、原動力なのですね)

子どもに本を読んであげる原則

・子どもが読んでほしい本を読む。

・子どもが飽きるまで繰り返し読む。毎日毎日、半年続けてもいい。

歌人の俵万智さんは、3歳のとき、1年間同じ絵本を読んでもらい一言一句、間違えないで覚えたそうです。

(この絵本は、『三びきのやぎのがらがらどん』。俵万智著『かーかん、はあい 子どもと本と私』に出ています。)

人間にとって大切なものは目に見えない。

心も、時間も、大切なもの・・・。

言葉も、目に見えない大切なものです。

目に見えないものをどれだけ感じることができるか、それが大切です。

(ここでいう「言葉」は、読み聞かせのときの音声のことでしょう。)

 

子どもは、言葉を食べます。

血肉とします。

そして、身についたものが自然と口から出るようになります。

そうして、言葉による喜びの体験を得ることができます。

それは、子どもの生きる力となり、この喜びを与えてくれた人を一生忘れないでしょう。

(一生忘れないなら、私たち大人もそうでしょうね)

言葉で幸せになる

▼私たちもご飯を食べるように、言葉を食べます。

そして、自分を成長させていきます。

自分に血肉となっている言葉で、自分の思いや考えを伝え、人とコミュニケーションを図るようになります。

人を慰めたり、励ましたりするのも、言葉。

人を傷つけ、貶めるのも、言葉。

言葉一つで、人は美しくもなり、醜くもなります。

言葉一つで、人は元気にもなります、落ち込みもします。

▼自分の言葉で一番影響を受けるのは、自分です。

その次に影響を受けるのは、身近な人でしょう。

『読むだけで「人生がうまくいく」48の物語』の「きっと花ひらく」でもご紹介したのですが、ある親子は言葉の力でもう一度生きる決意をしたそうです。

その母親は、坂村真民さんの詩「念ずれば花ひらく」が好きでよく子どもに読んで聞かせていました。

ところが、ある日、生活が苦しく将来への希望をなくし、子どもをつれて死のうとしました。

まさにその時、子どもが覚えていたのでしょう、

「念ずれば花ひらく」という詩の一節を独り言のようにつぶやいたのだそうです。

母親は、ハッとして死ぬことを思いとどまったというのです。

私たちも、いい言葉を食べて、いい言葉を使うようにしたいですね。

人も自分も幸せになれる、いい言葉を使おう。   (^.^)

【出典】平成15年4月26日(土)「ながさきおはなしフェスティバル」の松居直さんのご講演「絵本を読む」より(中井のメモ)

松居直さんのおすすめの絵本はこちらです。
『松居直のすすめる50の絵本―大人のための絵本入門』