うつ

心のうつ状態は「元気がでる魔法の口ぐせ」で克服できる

言葉を変えれば元気になれます。

どんな言葉がいいかというと前向き・肯定的・感謝の言葉です。

なぜそうなのか、実例を上げてご説明しましょう。

言葉(口ぐせ)を変えると人生は好転する

元気で幸せなるために、私がいつも人に勧めるのは言葉を変えることです。

誰でも、今日からすぐにできて、効果抜群の方法だからです。

言葉にはパワーがあります。

会社でも学校でも、まわりの人から 自分を否定されるような言葉を毎日言われ続けると、自信と自尊心をなくし、やる気もなくして落ち込んで本当にその人はダメになっていきます。

逆に、自分を肯定されるようなと言われ続けると、自信が湧いて、元気になって、やる気も出てきます。

そして、表情が明るく、いい顔になって、行動もイキイキしてきます。

マイナスの言葉にはマイナスのパワーが、プラスの言葉にはプラスのパワーがあるのです。

たとえ、ありふれた言葉であっても、たった一言でその人の潜在意識や気持ちや考えを変えます。

その一言を繰り返すうちにしだいにその人の習慣を変えます。

その一言でその人の人格や人生を変えてしまうのです。

仕事や人生を上向きに変えたいなら、できるだけそうなる言葉を使うといいのです。

自分の言葉を一番良く聞いているのは自分です。

自分の言葉に一番影響を受けるのも自分です。

前向きで肯定的な言葉が口ぐせになれば、あなたの意識や気持ちも変わります。

考えや行動が前向きで肯定的になり、うまくいくようになります。

わたしは以前『元気がでる魔法の口ぐせ』(PHP研究所)という本を書いて、おかげさまで多くの人に読んでいただき好評でした。

ある講演の後、84歳のおばあちゃんが私のところにいらしてこのようにおっしゃってくださったことがあります。

「中井先生、あの本を5年前から毎日のように読んでいます。おかげで人生が変わりました。毎日、明るく前向きな気持ちで生活できるようになりました。ありがとうございます」

84歳でも言葉を変えると人生が変わっていくのです。

★前向き・肯定的・感謝の言葉を口ぐせにする。

 

言葉が前向きだと、まわりの人も前向きになれる

子どもの教育を例にしてご説明します。

子どもはやる気にスイッチが入れば、自分から積極的に取り組んでいきます。

では、どうすればやる気にスイッチが入るのでしょうか。

カンタンで今日からでもできることがあります。

それは、親が発する言葉を前向きに肯定的に変えることです。

なんだそんなことかと思うかもしれませんが、これが意外と効果があるんです。

そもそも言葉には、人の心や行動を変える力があります。

すぐに効果があることもありますが、少しずつ効果が現れることもあります。

心理学で使われるたとえですが、子どもの心の中に2つのコップがあると想像してみてください。

1つは、きれいな水が入ったコップ。
もう1つは、泥水が入ったコップ。

想像できましたか?

もし、親が子どもの心を濁らせるような言葉 「あなたはダメな子ね」「無理、無理」「できっこない」など、 否定的な言葉を言っていると、泥水のコップに濁った水がたまっていきます。

そして、いつか泥水があふれ出て、親やまわりの人にも同じようなことを 言ったり、荒れた態度をとったりするようになるんですね。

逆に、子どもに前向きで肯定的な言葉、あるいは感謝の言葉、 愛のある言葉を言っていると、もう一方のコップにきれいな水がたまってくるんです。

たとえば、こんな言葉です。

「いいね」「えらいね」「おみごと!」「ありがとう」「サンキュー」「手伝ってくれて助かるなあ」「君がいてくれてうれしいな」「君が好きだよ」

こういうことを言われたら、だれでもうれしいものですね。

そして、いつか水があふれ出て、親やまわりの人にも同じようなことを言ったり、思いやりのある態度をとったりするようになるんですね。

言葉やおこないで、親からいっぱい愛情をもらった子は、思いやりのある、やさしい子になります。

それと同じように、親からいっぱい前向きで肯定的な言葉をもらった子は、自己肯定感をもって、チャレンジ精神のある子になっていくのです。

大人も、基本的に同じです。

子どもを「同僚」「部下」に置き換えれば職場でも使える大切な心得です。

子どもほど反応が早く、顕著ではありませんが、言葉が変われば、態度や行動が変わっていくのは、大人も同様なのです

あなたが自分に言ってほしいようなことを、まずまわりの人に言ってあげます。

「いいですね」「素敵ですね」「さすがです」「ありがとうございます」「おかげさまで助かりました」「いっしょに仕事ができてうれしいです」「尊敬しています」など、など

いつか水があふれ出て、その人は、あなたにもまわりの人にも同じようなことを言ったり、思いやりのある態度をとったりするようになります。

ただし、大人はこれまで長ーい間生活してきて染み付いた習慣がありますから、すぐには変わりません。

即効をまったく期待せずに、気長にやってくださいね。

★人を元気にする言葉を口ぐせにする。

 

15歳の女の子の手紙から

いろいろな方から何度か手紙やメールをもらったこともあります。
では、その中の1つをご紹介しましょう。

この前、15歳の子から手紙をもらいました。
さすが15歳、はずむような調子の手紙でした。

しかも、大切な気づきを教えてくれる手紙でした。

はじめまして。『元気がでる魔法の口ぐせ』読みました。
あ!その前に、私は15歳の「ミキ」って言います(笑)

15歳はいろいろと悩みの多い時期で、落ちこんだりしたときは、
いつもこの本を読んで、自分を勇気づけていました。

今では、好きな言葉のページに印をつけているほどです(笑)

この本を読むとすごく心が落ちつきます。

この本はお母さんがだいぶ前に買ってきたものですが、本当にこの本に出会えたことが感謝です(笑)おおげさですか?(笑)

特に印に印をつけているほど大好きな言葉が、「大丈夫、なんとかなる」です。

「心配しなくても大丈夫。
物事はいつもなんとかなるものです。
いままでも、いろいろなことがあったけれど、
いつもなんとかなってきたでしょう。」

たしかに、そうだなーと思いました。

いつも不安なことがあると、この言葉を、自分に言いきかせています。

そしたら、すごく気持ちが楽になります。

この本の口ぐせを自分だけじゃなく、友達や家族、もっとたくさんの人に広めていけたらいいです。

この本を読むたびに、自分が良いほうへ×2、成長しているような気がします。
ありがとうございます!!

これからも私は私なりにがんばっていきますので、中井さんもがんばってください。

これって、励ましの手紙だったんです。最後の「がんばってください」の後に、なぜか日の丸の国旗が描いてありました(笑)

「ミキ」ちゃん、どうもありがとうございます。
お手紙、とてもうれしく読みました。

確かに15歳はいろいろと悩みの多い時期でしょうね。

でも、自分の言葉を前向きにすると、気持ちも前向きになっていきます。
そして、「ミキ」ちゃんが感じているとおり、良いほうへ良いほうへ、成長していけます。

まわりの人にも、きっといい影響があります。
だから、これからも、そんな言葉をいっぱい使ってくださいね。

まわりの人といっしょに、良いほうへ×2、成長して幸せになっていきましょう。

良い言葉を使って良いほうへ成長していく。

うつ状態のときに「心が上向く魔法の言葉10」言葉を変えれば元気になれます。 どんな言葉がいいかというと前向き・肯定的・感謝の言葉です。 読むだけでは効果がありませんよ。 1つ...