幸せヒント

幸せヒント・良い仕事をするためにも 体と心を休める

子どもがハッピーなら大人もハッピー、
大人がハッピーなら子どももハッピー。

だから大人が幸せになることが大切だと思います。
そこで「幸せになるヒント」をお届けします。

さらっと気楽に読んでくださいね。
1つでもお役に立てばうれしいです。

自分に迷惑をかけた人に

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分に迷惑をかけた人に
怒りをぶつけない

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

約束の時間に遅刻をした人に
プンプン怒れば、気まずくなります。

遅刻した人には、
必ず何か言い訳があります。

言い訳を聞くと、
「忙しいのによく来てくれた」
「体調が悪いのに無理してきてくれた」
と分かります。

お互い、感謝したくなるかもしれません。

★これでハッピー!★

失敗した人の言い訳を聞いてあげよう。

 

親に感謝できる子は

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

親に感謝できる子は
 幸せになる

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

感謝ができない子どもは、不幸です。

してもらって当たり前、してくれなかったら、
泣いたり怒ったりするのです。

本当は、してもらって当たり前のこと
なんかありません。

今日ごはんが食べられるのも、
寝るところ、着る服があるのも
当たり前でないと教えたいものです。

★これでハッピー!★

当たり前のことへの感謝を教えよう。

 

親に感謝する

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いくつになっても
親に感謝する

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

親は、本当にありがたい存在です。

自分を産んで育てくれた人ですから、
いま自分があるのは、親のおかげです。

親が子どもを育てるのは、
24時間年中無休で
無償で奉仕しているようなものです。

たとえそばにいなくても、
いまは天国でも
親への感謝を忘れてはいけないのです。

★これでハッピー!★

一日一度は親に感謝しよう。

 

体と心を休める

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

良い仕事をするためにも
体と心を休める

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

体や心が悲鳴を上げる前に
休みましょう。

ONとOFFの区別をして、
切り替えるのです。

自分の好きなことで
羽をのばしましょう。

楽しく、ほっとできる
時間をもつのです。

★これでハッピー!★

ゆっくり休んでエネルギーを蓄えよう。

 

わずかな非日常の時間が

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

わずかな非日常の時間が
日常の時間を活性化する

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

疲れがたまった心と体には、
休息を与えてあげることが必要です。

ポイントは、
非日常の時間を作り出すこと。

運動をする、旅行に行く、趣味を楽しむ
おいしいものを食べに行く、など。

瞑想、祈りもストレスが軽減され、
頭も心もスッキリしますよ。

★これでハッピー!★

心と体をリフレッシュしよう。