いい話

100歳で達成したい夢、その壮大なドラマ?を目指して前に進む

人生は、まだまだこれからです。

私は100歳まで生きるつもりですが、私の友人もそうです。

100歳の時に叶えたい夢がある!のです。

まずは、友人(会社の社長)の話から。

ある友人の「100歳で100キロ完歩」の夢

滋賀県草津市にある教育ソフトの制作販売会社タオの社長、井内良三さんという友人の話です。

井内さんは、2017年10月に琵琶湖の約半周を一昼夜かけて歩く「第4回びわ湖チャリティー百キロ歩行大会」に参加しました。

超大型台風21号の影響で強まる風雨の中、冠水した道路を歩く最悪の環境下、彼は約七百人の参加者中、10番目の記録で完歩しました。

友人たちは、「58歳なのにスゴイ!」とほめてくれましたが、奥さんは、「でも9位の人には負けたでしょ」と、にべもありません。

7歳年上の奥さんはすこぶる元気で、「58歳は、まだまだヒヨッコ」と思っているそうです。

売り言葉に買い言葉、「なら、100歳で100キロ完歩ならスゴイかい?」

「それは、スゴイと思う」

「じぁ、僕が42年後、100歳で100キロ完歩したら、ゴールに迎えに来てよ」

「……いいわ。」

こんなやりとりがあり、

2059年、「100歳で100キロを完歩した私を、107歳の妻がゴールで迎える」

という壮大なドラマが、井内さんの夢に加わったうです。

この話をご本人から聞いて、大笑いました。

井内さん夫妻は、20数年前に二人で起業した会社で、第十回日本e-Learning大賞の「天神」を創り出した有言実行の方々です。

この夢も、年賀メールで公表していたので、本気です。でも、さすがに難しいと思います。

これまで以上に節制しながら100キロ歩行できる健康と体力を維持し、あと42年間、夫婦仲良く生活していかなくてはなりませんから。

難しくとも、いつまでも夢と希望をもってがんばっていこうとする姿勢に、同じ歳の私は、笑いながら大いに励まされたものです。

私の100歳で達成したい夢

おかげで、私も前から考えていた夢を語る勇気を得ました。

「僕は100歳まで働く。死後、僕の絵本はミリオンセラーとなり、印税はすべて献金する」。

そう語ると、周囲の人たちから、あきれ顔で言われました。

「まず100歳まで生きるという前提が無理」

「100歳まで働くなんてさらに無理」

「そういう人は特別な人だよ(あなたには無理)」

という予想通りのつれない反応でした。

まあ、いいのです。

口にして表明することで、決意はいっそう強まります。

「無理だよ」「馬鹿々々しい」と言われたり、無視されたりしてもいいのです。

そのおかげでいっそう本気になれて楽しいのです。