いい言葉

心にグッと響く言葉(八木重吉、趙昌仁、山本有三)

紹介する言葉は、偉人や賢人の言葉・名言・格言など、きっと心に響き、そして心の糧になる言葉です。

ちょっとした空き時間や待ち時間に、スマホなどで読めるように短い解説を加えています。

これらの素晴らしい言葉にふれ親しむことで、あなたは大切なことに気づき、生きる勇気が湧いてくるでしょう。

八木重吉の言葉

わたしのまちがいだった

わたしの まちがいだった

こうして草にすわれば それがわかる

八木重吉 1898~1927

詩人 代表作品『秋の瞳』

八木重吉の短い詩です。

ひとりで、何度か繰り返し声に出して読んでいると、不思議と心が落ち着いてきますよ。

人はときには、自分自身を振り返り、見つめるために、「草にすわる」ことが必要なのだと思います。

自然に抱かれ、その中の自分を見つめるとき、私たちは何か大切な忘れ物に気づくことがあります。

ある人にとって「草にすわる」とは、自然とふれあうこと。

別の人にとって「草にすわる」とは、素直さをとりもどすこと。

あなたにとって「草にすわる」とは、どんなことでしょうか。

【出典】八木重吉著『秋の瞳』(日本図書センター)

趙昌仁の言葉

あなたがくだらないと

思っている今日は、

昨日亡くなった人が

なんとかして生きたかった

なんとしてでも生きたかった

今日なんです。

趙昌仁 1926~

韓国の小説家

代表作品『カシコギ』

神さまは、わたしたちに「今日」という時間をプレゼントしてくださいました。

「今日」は、誰でももらえるプレゼントではありません。

 いつでももらえるプレゼントではありません。

 わたしたちも、ある日突然にもらえなくなってしまうものです。

そして「今日」とは、これまで亡くなっていった数えきれないほど多くの人が、生きたかった時間なのです。

未来を夢見て、懸命に生きたかった時間です。

愛する人たちと1秒でも長く生きたかった時間です。

そんな貴重な時間が、「今日」なのです。

「今日」、あなたはどのように生きますか。

【出典】趙昌仁著『カシコギ』(サンマーク出版)

山本有三の言葉

心に太陽を持て

山本有三 1887~1974

小説家・劇作家

代表作品『路傍の石』

人生には、暗闇の夜があります。

光のきらめきさえ、見えないときもあるでしょう。

出口が見つからないで、迷路に迷い込んだように思うこともあるでしょう。

どちらに進んでいいのか、途方に暮れて立ちすくむこともあるでしょう。

それでも太陽は輝いているのです。

いま見えなくても、どんな闇夜でも、

太陽は輝いているのです。

あなたが希望を捨てなければ、

あなたの心のなかに太陽が輝きます。

【出典】山本有三著『心に太陽を持て』(新潮社)