口ぐせ

言葉を変えると行動できる!「ない」→「ある」

 「お金もない」「もう若くない」「…もない」とないものばかりに、目を向けて、口にすると、元気がなくなります。

自分にないものを気にするよりも、自分にあるものが何かを考えてみましょう。

ないものではなく、あるものに目を向ける

お金がない?

そりゃあ、お金はあったほうがいいけれど、ほどほどでいいのです。

お金より大切なものって、あるのですから。

たとえば、お金はなくても、「命はある」。

自分を受け入れてくれる「家庭がある」。

そこには、かけがえのない「家族がいる」。

みんな、みんな、お金では買えない大切なもの。

もう若くない?いま70歳ですか?

それなら、まだ若いでしょう。

そりゃあ、20代の頃のような体ではないけれど、心と考え方、生き方は若くなれるのです。

100歳になるまで、「まだまだ、たくさん時間がある」。  

50歳なら、まだ人生は半分。「やれることはいっぱいある」。

70歳でも、80歳でも、「楽しめることはいっぱいある」。

そう考えて生活している人は、本当に若々しくて生き生きしているのです。

「ある」で、いろいろと肯定できる

 「ない」は否定。「ある」は肯定。

 自分だけでなく、まわりも否定することなく、肯定しましょう。

 「うちの家族には、こんないいところがある」(いい家族だな)

 「子どもの学校には、こんないいところがある」(いい学校だな)

 「うちの地域には、こんないいところがある」(いい地域だな)

 周囲にも「ない」ものより「ある」ものを見つけると、元気で幸せになれます。

言葉を変えると行動できる!「後で」「またいつか」→「今日、いますぐ」「今日、いますぐ」はじめましょう。 「明日で」「後で」という文字を消し去りましょう。  「明日で」「後で」は、多くの場合、敗北者の使...