いい話

田舎にいても、「志は高く、夢は大きく」 七田眞

私は鳥取県生まれです。なので、よく間違われました。

「中井さん、島根生まれなんですってね」

都会から見れば、山陰地方って印象がうすい。

鳥取県も島根県もたいして違わないように思えるのでしょうか。

それはそうです。隣ですから、ご近所さんです。 

私はちょうど県境の境港市の生まれなので、島根県にはしょちゅう遊びに行き、親しみがあります。

その島根県から、田舎から世界に羽ばたく人物が出ました。

そう、テニスプレーヤ、錦織圭選手。

教育界では、七田チャイルドアカデミーの創始者、七田眞さんでしょう。

幼いころからの夢

七田チャイルドアカデミー創始者の七田眞さんは、幼い頃から本が好きで、将来は文筆家になりたいと思っていたそうです。

29歳のとき、後の妻となる島代さんに、自分の夢をこう語りました。

「日本中に、いや世界中に発信するような本を書きたい」

当時、島根県江津市という地方に住む青年にとって、本を出版するのは大きな夢。

日本中、世界中の人に読んでもらうのもさらに大きな夢でした。

人によっては、笑われそうなそれこそ夢のような話でした。

けれども、島代さんは、「夢が大きいことはいいことだわ」と素直に受けとめてくれました。

「貧乏」「大病」「裏切り」の三大苦

七田眞さんが本気でそう願っていたのは、本当です。

ユニークなのは、文筆家になるには、人間的に磨かれねばならないと、「貧乏」「大病」「裏切り」の三大苦を経験したいと願っていたというから驚きです。

願いは叶って、その全部を経験しました。

裏切りによる大借金を背負ったときは、「神樣は自分に払えない金額を負わせることはない」とポジティブに考えました。

もちろん何もかもうまくいったわけではありません。

作った会社の経営が苦しくなり、その打開策として、大阪で新しい幼児教育について講演した時は、40代後半。400の幼稚園の園長宛に、講演の案内状を送ったところ、来てくれたのは、たった一人。

もし、七田さんに大きな志がなければ、きっと挫けていたでしょう。

七田さんは広い講演会場で、その一人に向って、3時間、新しい幼児教育について熱く語りました。

この幼児教育が世間で受け入れられことを願って…。

次々と夢が叶う

それから、約30年。79歳で亡くなるまでに、七田さんは夢を叶えました。

著書は、160冊以上。

その多くが、外国語に訳されて世界中で読まれています。

七田式幼児教育をおこなう七田チャイルドアカデミーは2019年12月までに430校となり、海外での教室は18校。

人口約2万人の島根県江津市から日本中へ、いや世界中へ向けて、七田さんの考えがいまも発信されています。

人間は一つの志を立て、これに集中して続けていくと、すごい力を発揮するようになるのです。

七田チャイルドアカデミー創始者 七田眞

【出典】『七田眞ものがたり-すべての子どもたちに学ぶ喜びを』七田 厚 (編集)