口ぐせ

言葉で人間関係が良くなる!「ざまあみろ」→「おめでとう」「よかったね」

言葉一つで人間関係が壊れます。

言葉一つで良い人間関係が築けます。

言葉に配慮するということは、目の前の人を大切にすることにもなります。

人の不幸を願うと、言った本人が不幸になる

人の不幸を願ったり、喜んだりするのは、卑しい品性の表れです。

人の不幸を願うと、その人自身が不幸になります。

「ざまあみろ」なんて口に出せば、まず相手との人間関係は壊れます。

むしろ、人の幸福を願いましょう。特に身近な人、家族や友達、同僚など。

 身近な人に「良いことがありますように」と祈るのです。

 そして、良いことがあったら、祝福の言葉を贈るのです。

 ごく当たり前の言葉です。

 「おめでとう」「よかったね」と。

人を祝福する

人の幸福を喜びにできるかできないかで、あなたの人間関係も人生も変わります。

 人の幸福をねたんでしまうのは、幸福がたったひとつのケーキみたいに、見えるからもしれません。

でもそれは錯覚です。幸福のケーキは分け合うことができるケーキです。

それにおいしいケーキはまだたくさんあるし、自分で作ることもできるんです。

「おめでとう」「よかったね」

 人の幸福を喜びにできれば、一つのケーキを分け合うように、あなたも幸福になれます。

「おめでとう」「よかったね」

人の幸福を喜びにできれば、一つのケーキを分け合うように、あなたの幸福も喜んでもらえます。

すべての人が幸福になれるように願っていれば、まわりの人の幸福が自分の喜びになります。

言葉で人間関係が良くなる!「でもね」→「そうかもしれないですね」会話はキャッチボールです。 キャッチボールは気持ちよくやりたいものですね。 ところが・・・ 相手の言葉を否定すると・・・ 相手の...