口ぐせ

言葉で人間関係が良くなる!「あの人が悪い」→「あの人の〇〇がいい」

人間関係は、言葉で良くなります。

これまで、なんとなく使ってきた言葉を変えるだけで良くなります。

「あの人が悪い」と言っていたのを意識的に、「(あの人が悪いけれど)〇〇はいい」「△△がいい」という言葉にするといいです。

陰口に良いことはない

陰口はマイナス言葉です。言っているときは、それで気分が晴れることがあります。

第三者はそれを聞いて喜ぶこともよくあります。

でも、それは一時的なものです。

結局、言う人や聞いている人の心を貧しくし、マイナスに傾かせます。

「あの人が悪い」は陰口ですが、いきなり陰口になることは少ないでしょう。

会社の業績が悪いときに酒場で、あるいは自分がイライラしているときに何かの話の流れで、陰口になる傾向があります。

例えば、同僚がこんなことを言ってきた場合です。

「今日、オレ、遅刻しただけで、〇〇さんから『おい、しっかり給料分働けよ!』とみんなの前で怒鳴られたんすよね、あの人、言い方キツイすよね」

 それに同調して・・・

「そう、〇〇さんってそういう人なんだよね。オレもね、もう怒り心頭に来たことがあったんだよ」となれば「あの人が悪い」の言い合いになり、アウトですね。

視点を変えると良いところが見つかる

 でも、陰口の言い合いにならない人もいます。同じ例で言えば、こんな感じです。 

 「それは、○○さんの言い方はちょっときつかったかもしれないね。ただ、○○さんは役目上、叱らなければいけない立場にあるんだよね。

みんなの前で遅刻をしてきた者を怒鳴りつけることで、最近の社内の雰囲気を引き締めようとしているんじゃないのかな。

あの人は憎まれやくになれる人なんだよ」

 こんなふうに、相手に共感しながらも、「あの人は悪い」に流れずに、「憎まれ役になって社内の雰囲気を引き締めようとしている」と見方を変えてあげるのです。

 言われたほうが、〇〇さんへの感情が変わるし、もともとの原因である遅刻についても反省できるでしょう。

 「あの人が悪い」といっしょに陰口を言うより、「あの人の〇〇がいい」と陰ぼめする人のほうが、信頼されるし感謝されます。