口ぐせ

言葉でストレス解消!「知ってる」→「知らんけど・・・」

ちょっと知ったかぶりして、偉そうに話して、気まずい雰囲気になることがあるかもしれません。

そんなとき、気が楽になって、場がなごむ言葉です。

知らんけど・・・

人はすべてのことを知っているわけではありません。

宇宙のことも、海の底のことも、森の中のことも、百科辞典の中身も、知らない。

体のことも、心の状態も、まして、人様のことなどは、知れない、知らないことだらけなのが人間です。

それなのに、「知ってる」「知ってる」と言ってしまいます。

いい学校を出て、少しばかり多く勉強して、他の人より少しぐらい知っていることがあっても、自分の知識や考えが、すべて正しいわけではありません。

それなのに、自分はなんでもよく知っていて、さも自分は正しくて目の前の人は何もわかっていないという、思いあがった態度はよくありません。

ときに、自分の知識をひけらかし、自分の主張をまくしたててしまったら、後にぽつりと、「知らんけど……」と、つけ加えてみましょう。

少し気がラクになります。

笑われてもいい、笑ってもらっていい

「あのね、実は、それって、これこれ、こうなんだよね。だからね、・・・なんだよね。知らんけど……」

たとえみんなから笑われても、いいじゃないですか。

キーンと張りつめた、その場の空気がなごみます。

そっぽを向いていた、みんなの笑顔が戻ってきます。

ほんとかな?

知らんけど……。