口ぐせ

言葉でストレス解消!「何もいいことがなかった」→「今日も一日ありがとう」

何かが終わって「何もいいことがなかった」。

一日が終わって「何もいいことがなかった」。

そういう時は、疲れが溜まり、活力が失われます。

本当に、「何もいいことがなかった」のでしょうか。

今日を感謝の気持ちで振り返る

今日という一日を生きていれば、誰でも誰かにお世話になっています。

一日の終りに、それを考えてみるといいです。

不眠症の人がある人に相談しました。

「いやなことばかり思い出して、眠れないんです。どうしたらいいでしょうか?」

すると、その人は言いました。

「感謝できることを思い出して、三つ選んでノートに書いたらいいですよ。そして、最後に『ありがとう』を付け加えるのです」

その人は、アドバイスに従って、夜寝る前に一日を振り返り、「ありがとう」を見つけるようになりました。

「新聞配達のお兄ちゃん、朝早くからありがとう」

「となりのおばちゃん、道路のそうじをしてくれてありがとう」

「役所のおじちゃん、ゴミを取りにきてくれてありがとう」

「キヨスクのおばちゃん、笑顔で売ってくれてありがとう」

振り返ってみると、会社に着くまでに、たくさんの「ありがとう」がありました。

書きながら感謝しました。その「ありがとう」ノートを読みかえすと、昨日も、その前も、その前もたくさんいいことがあることがわかりました。

感謝の気持ちでいっぱいになり、自分がいかに恵まれているか、わかってきました。

いつのまにか不眠症は治っていました。

一日の終わりは感謝で

私たちも、一日一日、人様からいろいろしていただいています。

それを思い出して、一日の終りは、感謝でしめくくりたいものです。

「今日、出会った人、ありがとう」

「あいさつをしてくれてありがとう」

「微笑みをありがとう」

「優しい言葉をありがとう」

「今日も1日ありがとう」

「神様、今日という時間をありがとう」