いい言葉

スーパーボランティア尾畠春夫さんの超前向きな言葉

「朝は必ず来るよ!」 尾畠春夫

大分県日出町の尾畠春夫(1939年~)さんは、2018年8月15日に山口県周防大島町で行方不明の2才児を救出して、全国的に有名になったボランティア活動家です。   この時、78歳でした。

尾畠さんってどんな人?

尾畠さんは、大分県の貧しい家庭に生まれ、小学生の時から近所の農家に奉公に出て、28歳のとき別府市内に鮮魚店を開業。

60歳頃からは、ホームグラウンドとしていた由布岳登山道の整備などのボランティアを開始。65歳からは本業だった鮮魚店をやめ、余生をボランティアに捧げています。

東日本大震災や新潟県中越沖地震や大雨土砂災害…など、本当にたくさんの場所でボランティア活動してきました。

2016年には大分県津久見市の台風被害で行方不明になった2歳の女の子も発見しています。

尾畠さんの好きな言葉は、「朝は必ず来るよ」

これまでも様々な被災地に足を運び、ボランティアをしてきた尾畠さんが、被災者にかけていた言葉です。

希望の持てる言葉ですね。

他にも、尾畠さんの言葉をご紹介しましょう。

尾畠さんがボランティアをしている動機は何でしょう。

万分の一でも恩返しをしたい

それは、「世間から貰った恩を万分の一でも返していきたいから」

謙虚さ、感謝の心があふれています。

定年を迎えて仕事を引退する世代に向けて、励ましのメッセージをもらえませんかと頼まれてこう答えました。

「やっぱし夢を持ち続けるっちゅうことじゃないですかね。夢を持ったらそれを目標に立てて、計画を立てて、迷うことなく実行するのがいいんじゃないですか。私はそうしてるんです」

尾畠さん自身の夢は、「東日本大震災で被災した東北の仮説住宅が全てなくなって、みんなが元の生活に戻ること」

その日が来たら昔のように浴びる程お酒を飲みたいそうです。

その夢が叶うまで禁酒をしていて、8年以上も酒を一滴も飲んでいないのです。

さらに、尾畠は、「最低でも100歳までは生きたい!」「ボランティア活動は、体が動く限り続けたい」と言われています。もう尊敬するしか、ありません。(笑)

好きな格言は、「笑う門には福きたる」

笑顔や冗談が好きだという尾畠さん。笑いも元気の秘訣です。

ちなみに、あるテレビ番組で、小倉智昭キャスターはその精力的な活動に体調を心配し「血糖値とか血圧とかコレステロールとか人間ドックに入って調べたりすることありますか?」と聞くと、

尾畠さんは「悪いところは3か所あります」とし「顔が悪いんです。色が黒すぎます。足が短すぎます。その3か所です」と返しました。

自然体で、ユーモアがあって、謙虚で、前向きで、優しくて、パワフル。すごい人です。

(写真は大分県日出町の海)

朝の来ない夜はない(吉川英治) 朝の来ない夜はない                            吉川英治(1892~1962) 作家 「朝の来...